grape [グレイプ] lifestyle

「もう悩まずに済みそうです」 エクセルの『行・列』の覚え方が天才的!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

データの集計などに利用されている表計算ソフト『Microsoft Excel(以下、エクセル)』。

デスクワークが基本の仕事であれば、ほぼ必ず使う機会があるといえる便利なソフトですが、使用している中でこのような経験をしたことはないでしょうか。

あれ、『行』と『列』ってどっちが縦だっけ?

エクセルでは、資料を説明する時など、頻繁に『行』『列』のワードを用います。

行:横並びのデータ(1行目、2行目…)
列:縦並びのデータ(A列、B列…)

普段は頭に入っていても、いざ口で説明しようとすると、混乱してしまいがちですよね。

麦(@mugichopoko)さんが、Twitterにて公開した方法で覚えてしまえば、その悩みは解消できるかもしれません。

こちらをご覧ください!

麦さんが同僚から聞いた方法は『「行列」と声に出しながら、十字を書く』というもの。

非常にシンプルですが、音と動きで一発で覚えることができます!

この投稿には「素晴らしい!これで悩まなくて済みます」や「別の方法で覚えていたけど、十字の方が分かりやすい!」といったコメントが寄せられました。

エクセルの『行』と『列』が分からなくなってしまった際は、試してみてはいかがでしょうか。

また、麦さんは、普段は育児漫画を中心に投稿しています。

作品をもっと読みたい人は、こちらもチェックしてみてください。

Twitter:麦(@mugichopoko

Instagram:麦(mugichopoko

ブログ:麦の子育て絵日記


[文・構成/grape編集部]

出典
@mugichopoko

Share Tweet LINE コメント

page
top