grape [グレイプ] trend

「この村には、入ってくるな!」 道のわきにあった草履に「面白い」「そんな意味が…」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

長野県『双体道祖神』

こちらは、長野県内で投稿者さんが撮影した『双体道祖神(そうたいどうそじん)』。

村の入り口に設置され、夫婦円満や子孫繁栄、豊作祈願のほか、災いが中へ入ってこないようにという願いが込められています。

また、『道切り』の中には、特定の『凶事』が起きた時にだけ設置されるものも。

その『凶事』の1つは、流行り病です。

流行り病も、目には見えないけれど、確実に道を介して外からやって来る『悪いモノ』。

昔の人々は、外部から入ってくる流行り病の侵入も、「『道切り』に防いでもらいたい」と考えていたようです。

秋田県北部『ドンジン様』

投稿者さんが、秋田県北部を訪れた時に見つけた『ドンジン様』も、『道切り』の役割を担っています。

昔は天然痘という伝染力が非常に強く、死に至る疫病が恐れられていました。

天然痘は、ワクチンが普及したことにより、1980年には、世界保健機関(WHO)により世界根絶宣言が行われましたが、それまで世界中で多くの人の命を奪った恐ろしい病です。

その昔、日本でも天然痘が流行り、疑神化した疱瘡神(ほうそうしん)という悪い神様がいると信じられていました。

投稿者さんが訪れた秋田北部の地域では、「疱瘡神が赤い色が苦手だ」と信じられていたため、『道切り』である『ドンジン様』が赤く塗られていたと考えられるそうです。

四国『虫送り』

四国では『虫送り』という『道切り』を発見した、投稿者さん。

『虫送り』は「稲の害虫や疫病などの悪いモノが村に入ってこないように」と願いが込められた『道切り』。

道や川沿いに、お札がついた竿を立てて、村に『悪いモノ』が入ってこないよう、結界を張っているそうです。

何も知らずに、お札が立ててあるところを見ただけでは「これは何だろう…?」と、ちょっぴり怖くなりますよね。

ほかの『道切り』も、知らない土地で出会うと、少し不気味に感じるかもしれません。

投稿者さんは、『道切り』などを見てゾクゾクする理由について、「『平穏に生きたい』という、人々の切実な願いが込められた迫力に、気圧されるからではないか」とつづっています。

また、投稿者さんは、そういった昔の人の切実な願いが伝わってくるため、『道切り』などの民俗に惹かれるそうです。

新型コロナウイルス感染症が流行している、2022年現在。

ネットやテレビで情報を得られる時代ですが、それでも、感染者数が増えるほど、さまざまな混乱が生じました。

一方、ネットもテレビもなかった時代、流行り病に悩まされた人々の不安や恐怖は、想像を絶するものだったでしょう。

そういった人々の願いが、『道切り』などのおまじないに込められていると知ると、見え方が変わってきますね。

道民の人さんの書籍が発売中!

投稿者さんは、日本各地を旅行して取材している写真やレポートをまとめた冊子を発売しています。

気になった人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

誰か晩夏を知らないか

誰か晩夏を知らないか

道民の人
2,343円(08/15 03:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
出典
@North_ern2

Share Tweet LINE コメント

page
top