grape [グレイプ] trend

カレー店で目にしたメニュー表 辛さの説明文に「独特」「声に出して読んでみたくなる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

カレーライスといった、辛い食べ物を看板商品にしている飲食店では、どのくらい辛いかどうかがメニュー表に示されています。

自分がどれほど、辛い食べ物に耐性があるかを考慮したうえで、どの料理にするかを選びますよね。

朝陽昇(@asahinoboru888)さんは、岩手県滝沢市にある飲食店の『スープカレーチニタ』で食事をしました。

同店では、0~5番の6段階の辛さを選べます。

『甘味なし』『少し辛い』『カレールーの辛口くらい』などとある中、一番上の辛さは…。

具体的に辛さが説明されておらず、『わゃ…』とだけ書かれているではありませんか!

『わゃ』は、『とても』を意味する方言。メニュー表の5番は、『とても辛い』ということに。

地域の特性が出たメニュー表といえますね!

辛いものに耐性があるという、同店の店主に『わゃ』の辛さについて話を聞くと、「辛いけど辛すぎとまではいかないです。ただ、普通の人にとっては汗が出るぐらい」だといいます。

方言の『わゃ』は反響を呼んだほか、ほかの地域に住む人からも、「同じく『とても辛い』といいたい時などに『わゃ』といっています」といったコメントが寄せられました。 

どれほどの味なのか、辛いものが好きな人は食べてみたくなりそうですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@asahinoboru888

Share Tweet LINE コメント

page
top