grape [グレイプ] entertainment

【オールドルーキー 第8話感想】順調すぎて怖い!?『オールドルーキー』の今後の展開

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。

2022年6月スタートのテレビドラマ『オールドルーキー』(TBS系)の見どころや考察を連載していきます。

第8話は、アスリートとそれを支えるコーチの関係、また、お互いを高め合う夫婦について描かれていた。

今回担当するバレーボール選手・古川舞(田辺桃子)は、イタリアの強豪『トリエステ』からの移籍の話を断ろうとしていた。

舞の想いを尊重したいものの、ビクトリーのためにも何としてでも移籍を進めたい高柳社長との間で板挟みになる塔子は頭を抱えていた。

不安な要素を取り除く!塔子&新町のやり方

舞が移籍を断る理由は、チームに迷惑をかけたくない想いとアシスタントコーチの宮野紘也(大谷亮平)への恋愛感情だった。

しかし、宮野は舞にトリエステへ行くよう勧める。プロならより強いチームで競技できることが良いに決まっているからだ。

宮野は舞をサポートするために現役をやめてコーチとなった過去があった。それほど応援しているからこその移籍の勧めだったのだと思う。

塔子と新町は二人で話し合ってもらおうと、二人を体育館に呼び寄せる。

そして、ずっと舞を支えたいという想いから、宮野自らもイタリアへ行くことを決断し、舞のトリエステへ移籍が決まった。

少しお節介すぎるかと思ったが、ただ「移籍しなさい」と頑なに説得するよりも、ずっといいのかもしれない。

問題点は何か、解決策は何か、私たちにできることは何か…悩みがいくつもあるなら一つずつ解決していけばいい。不安な要素を一つずつ取り除いていけばいい。

非効率かもしれないが、塔子と新町の行動は結果的に舞の決断を自主的に変えることに成功した。

強引に丸め込むのではなく、問題を取り除くことで前進させることができたのは、「すべてのアスリートにリスペクトを」というビクトリーの企業理念にも基づいている。

今回このような解決ができたのは、これまでのビクトリーの仲間たちの軌跡のおかげだ。

新町のアスリートへ対する想いから伝線して、城(中川大志)や梅屋敷(増田貴久)もこれまでアスリートのために行動してきた。

それがあったからこそ、高柳社長に反抗するという塔子の成長は素晴らしく、今回の見ものだったといえる。

順調すぎて怖い!?『オールドルーキー』の今後の展開

新町がビクトリーに入社してからこれまで、ほとんどと言っていいほどアスリート関連の交渉が上手く行っているのも事実だ。

また、新町の妻である果奈子(榮倉奈々)も、新町が引退してからSNSで手作りお弁当の発信に注力し、書籍出版にまでたどり着いている。

今や、家庭を支える元アナウンサー妻のセカンドキャリアとして世から注目を集めているのである。

彼らは一度は壁にぶつかるが、考えて、行動して、その壁を確実に突破してきている。

しかし、現実で考えると、ここまで順調なのもなんだか不穏である。物事の全てが上手く行くとは限らない。

今回、高柳社長が懸念していたのが新町の独立。行動力のある人間は、アスリートを引き連れて、会社から独立することがあるのだという。

そうは言ってもまだ入社して間もない新町にそんな考えがあるのだろうか?

ここまで果奈子のお弁当の話題がドラマでピックアップされているのも少し気になる。自分の力で地位を築いて行っている果奈子に新町も影響される日が来るのだろうか?

また、社長の懸念することもわからなくはない。腰が低く、影響力があり、チームワークを大切にする新町は人望も厚い。

もしかしたら、ビクトリーの仲間を引き連れて独立という可能性も捨てきれないのである。

そんな不穏な空気が流れた瞬間だった。

ドラマ自体、新町の引退という最初の挫折からどんどん物事が上手く行っているので、クライマックスでどんな展開が待っているのか楽しみである。

次回はドーピング問題。果たして新町は次の困難をどう解決するのか?高柳社長とのバトルが見られるのか?

是非皆で『オールドルーキー』のラストスパートを見届けよう。


[文・構成/grape編集部]

Share Post LINE はてな コメント

page
top