grape [グレイプ] trend

「マジで偉い」「見習ってほしい…!」 トイレから出てきた4歳児、発した言葉に感心

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

自宅で、トイレットペーパーが使い切られたまま放置してあると、イラッとしませんか。

また、次の利用者に取り替えてもらうために、わざと数センチだけ残されているパターンもあるでしょう。

小さなことですが、積み重なるとストレスになりますよね。

トイレットペーパーを使い切っても取り替えない人々に見習ってほしい、4歳児のエピソードをご紹介します。

トイレットペーパーを使い切った4歳児が…?

2人の子供を育てている、バク(@liveup27)さん。

ある日、4歳の息子さんがトイレからトイレットペーパーの芯を持って出てきました。

息子さんはバクさんに「トイレットペーパー、残り1つでーす」と教えてくれたそうです。

その言葉に、バクさんは「教えてくれてありがとう」とお礼をいった後、「買いに行かないと…」とつぶやきました。

それを聞いた息子さんが、次に発した言葉は…。

アレクサ!買い物リストにトイレットペーパーを追加して

AIが搭載されている、スマートスピーカー『Alexa(以下、アレクサ)』。

「アレクサ。○○を買い物リストに追加して」ということで、わざわざスマホなどの端末を操作せずとも、リストに入力してくれます。

息子さんは、トイレットペーパーが残り1つになったことを知らせてくれただけでなく、『アレクサ』を使って、買い物リストに追加までしてくれたのです!

日頃から、バクさんが『アレクサ』に音声で買い物リストを更新していた姿を見ていたのでしょう。

4歳でそこまで気遣いができることに驚きますね。

この投稿には、さまざまな声が寄せられました。

・はーもう、素晴らしいっ!!偉い!天才!!かしこい!!

・30歳以上の私の夫ができないことをできている。そしてさらにその先の気遣いまで…。泣けてきた。

・偉いなあ本当に。職場のトイレでも、数センチだけ残して替えない人がたくさんいるっていうのに。この子が欲しいおもちゃを買ってあげたいわ。

・4歳が『アレクサ』を駆使しているのがすごい。時代を感じる。

トイレットペーパーを替えない人や、数センチだけ残す人に、この男の子のエピソードを教えてあげたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@liveup27

Share Tweet LINE コメント

page
top