grape [グレイプ]

画期的!賞味期限切れの食品専門店が、デンマークにオープン

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※画像はイメージです

2016年2月22日にデンマークのコペンハーゲンにオープンした「WeFood」

世界でも例を見ない「賞味期限切れの食品」を専門に扱う店として、開店直後から人気を集めています。

まさに食料品のアウトレットマーケット

日本でも「ワケあり品」として、形が商品規格より外れていたり、傷がついている商品を専門的に取り扱っている店はあります。

しかし、WeFoodでは、さらに「賞味期限が切れて、消費期限が近づいている食品」も取り扱っており、価格も30〜50%引きに設定されています。

食料品は、デンマークの大手スーパーマーケットである、Føtexから調達しています。その他に、柑橘類、肉類、オーガニック食材などを輸入している業者が協力しています。

みんなが幸せになる店

賞味期限切れと聞くと、日本ではどうしてもネガティブなイメージを抱きがちです。

しかし、老若男女問わず、店に訪れる多くの人が明るい表情をしているのが印象的。WeFoodが、消費者から好意的に受けられているのかが伝わってきます。

また、年間70万トンの食品が廃棄されているデンマーク。WeFoodの事業が、現状を改善するきっかけになると期待がよせられているのも、お客さんの表情が明るい理由の一つなのではないでしょうか。

一方、日本の食品廃棄量は、年間1900万トン〜2700万トンと言われており、世界でもトップレベル。

食べられずに困っている人がたくさんいるにもかかわらず、デンマーク以上に多くの食品が捨てられてしまっているのは、やるせない気持ちになります。

本当に必要としている人に、求めやすい価格で提供しているWeFoodのようなお店は、日本にも必要なのではないでしょうか。

賞味期限切れの商品を扱うことについてのハードルは多々あることが考えられますが、実現が待たれます。

出典
WeFood/Facebook

Share Tweet LINE コメント

page
top