grape [グレイプ] lifestyle

マツタケの代わりといえばやっぱりアレ 企業が勧める代用案に「なるほど!」

By - COLLY  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

さまざまな種類のキノコ

※写真はイメージ

高級食材として知られるマツタケ。「マツタケを何かで代用できたら…」と思ったことはありませんか。

マツタケの代用品は、キノコ類の中でも『エリンギ』がおすすめです。

マツタケとエリンギの特徴や類似点、代用する際のポイントについて、食品・飲料メーカーとして知られる『カゴメ株式会社』(以下、カゴメ)が運営する情報サイトより紹介します。

エリンギとマツタケの違いや類似点とは

エリンギはヒラタケ科、マツタケはキシメジ科にそれぞれ属していますが、見た目や食感がよく似ていることから、エリンギはマツタケの代用品として使いやすいといわれています。

エリンギは通年で出回っているキノコで、1パックあたり100~200円と安価で購入可能。

一方マツタケは、10月~11月に出回るキノコで非常に高価です。人工栽培が難しい上にその方法が確立されていないため、秋にのみ楽しめます。

両者の違いは価格だけではありません。

マツタケといえば芳醇な香りが最大の特長で、香りのもととなる『マツタケオール』と『メチルシンナメート(桂皮酸メチル)』という成分が含まれています。しかしエリンギにこれらは含まれていません。

マツタケの香りを楽しみたい人にとっては、エリンギでの代用はやや物足りなく感じてしまうでしょう。

エリンギとマツタケの栄養について

※写真はイメージ

カゴメによると、両者の栄養の特徴は以下のとおりです。

エリンギと松茸は、エネルギー、水分量、脂質などはほぼ同じで大きな差はありません。

カゴメ公式『VEGEDAY』 ーより引用

一方で、より細かな点に目を向けてみると、違いもあるようです。

両方とも豊富なナイアシンは松茸のほうにより含まれます。パントテン酸は松茸に多く含まれ、ビタミンB2はエリンギのほうが含みます。鉄は、エリンギは100gあたり0.3㎎、松茸は1.3㎎と、松茸の方が比較的多く含みます。

カゴメ公式『VEGEDAY』 ーより引用

ビタミンB2はエリンギのほうが豊富ですが、ナイアシンやパントテン酸、鉄はマツタケのほうが多く含まれていることが分かります。

『香り』という非常に大きな違いはあるものの、個性的な食感を楽しめるエリンギは、マツタケの代用品としておすすめです。

それぞれのキノコの特徴に注目して、おいしく食べてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

出典
カゴメ公式『VEGEDAY』

Share Post LINE はてな コメント

page
top