grape [グレイプ] lifestyle

マーガリンのシートは剥がす? 企業の回答に「なるほどね」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

マーガリン

※写真はイメージ

食卓パンやホットケーキに塗ったり、お菓子に入れたりなど、何かと活躍する、マーガリン。

マーガリンにはいろいろな商品がありますが、プラスチックの容器に入っているものが多いでしょう。

開封すると、マーガリンに『薄い紙』がくっついていて、「これは剥がしたほうがいいのか、付けたままでいいのか」と迷ったことはないでしょうか。

マーガリンの『薄い紙』は剥がすべき?

『明治なめらかソフト』などマーガリン類の商品を製造、販売している、株式会社明治(以下、明治)。

ウェブサイトで、カップ型容器に入ったマーガリンに付いているシートや薄い紙について、次のように説明しています。

マーガリン類(カップ型容器)についているシートや薄い紙は、お手元に届くまでの間、乾燥を防ぐためのものです。

マーガリン類が乾燥すると透明感のある濃い黄色に変わります(マーガリン中の水分が蒸発するため)。開封後は取ってお使いいただいても構いませんが、つけたままの方がおすすめです。

株式会社明治 ーより引用

明治によると、マーガリンを覆っている薄い紙は、乾燥を防ぐ働きをしているそうです。

剥がして使っても特に問題はないそうですが、表面が黄色くならないようにするためには「つけたままがおすすめ」とのこと。

また、雪印メグミルク株式会社(以下、雪印メグミルク)は、マーガリン類の『ネオソフト』に付いている薄い紙について、ウェブサイトで次のようにつづっていました。

内ぶたで表面を覆うことによって、水分の蒸発を抑えて黄色化を防ぐことができます。

内ぶたは開封後すぐに廃棄せず、保存する際は表面に接触させるよう被せて、中身を使い切るまでご使用ください。

雪印メグミルク株式会社 ーより引用

雪印メグミルクは、『ネオソフト』に付いている薄い紙は、中身を使い切るまで剥がさずに使用してほしいといいます。

商品によって若干の違いはありますが、基本的にマーガリンの薄い紙は捨てずにそのままにしておくほうがよさそうですね!

ちなみに、マーガリンは一度開封すると中身の品質が変化するので、おいしいうちに早めに食べるようにしましょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
株式会社明治雪印メグミルク株式会社

Share Post LINE はてな コメント

page
top