grape [グレイプ] lifestyle

バターはマーガリンで代用できる! 仕上がりの違いや活用する際のポイントを解説

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

バターの写真

※写真はイメージ

「バターはマーガリンで代用できるのだろうか」と、お悩みの人がいらっしゃるのではないでしょうか。バターは、マーガリンで代用可能です。しかし、バターとマーガリンは成分規格や製造方法が異なるため、料理の仕上がりに影響することも。

そこで本記事ではバターとマーガリンの違いや、代用する際のポイントについて解説します。バターの代わりとしてマーガリンをうまく活用したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

バターはマーガリンで代用できる

バターをボウルにいれる写真

バターは、マーガリンで代用可能です。マーガリンは、バターの代用食品として生まれたもの。バターの代わりにマーガリンを使えるのは、当然といえます。

反対に、レシピにマーガリンと書いてある場合は、バターに変更してもよいでしょう。分量も同じで問題ありません。しかし、バターとマーガリンでは、以下のように原料が異なります。

  • バター:動物性油脂(牛乳)
  • マーガリン:植物性油脂(コーン油やパーム油など)

また、マーガリンとバターでは風味も異なります。バターの風味が欲しい時にマーガリンで代用すると、物足りない印象になることも。マーガリンで代用することで、できた料理の風味やコクが違うなど、仕上がりに差が出るケースがあります。

またマーガリンは、料理やレシピに合わせて以下の種類から選択可能です。

  • コンパウンドマーガリン
  • ケーキ用マーガリン

コンパウンドマーガリンには、バターが配合されています。通常のマーガリンよりも、バターの風味やコクを感じられるのが特徴です。ケーキ用マーガリンは、練り込みやすかったりホイップしやすかったりと、お菓子作りに適した特徴を持っています。バターの代わりとしてマーガリンを使用する際は、レシピに合うものを選択しましょう。

バターとマーガリンの4つの違い

バター、マーガリン、ギーの写真

ここではバターとマーガリンの違いを、4項目に分けて解説します。

  • 成分規格・製造方法
  • 風味
  • 賞味期限
  • 価格

バターとマーガリンの違いを理解することで、それぞれに適した使い方ができるようになるでしょう。

成分規格・製造方法

バターとマーガリンでは、成分規格や製造方法に大きな違いがあります。バターは『乳及び乳製品の成分規格等に関する省令』で、成分規格や製造方法が定められています。一方でマーガリンは『日本農林規格(JAS規格)』で、規定されている食材です。バターとマーガリンの成分規格や製造方法は以下のとおり。

区分バターマーガリン
成分規格・乳脂80%以上
・水分17%以下
・油脂含有率80%以上
・乳脂肪含有率40%未満
・水分17%以下
製造方法牛乳からクリーム部分を分離させてかき混ぜて、乳脂肪分を固めて作る食用油脂に食塩や水、乳成分などを加え、混ぜ合わせてから冷やし固める

成分規格や製造方法が違うことで、風味やコクなど、料理の仕上がりにも影響します。また、農林水産省が定めるマーガリン類は『マーガリン』と『ファットスプレッド』の2種類。ファットスプレッドとマーガリンの違いは以下のとおりです。

  • 油脂含有量が80%以上であればマーガリン。
  • 油脂含有量が80%未満ならファットスプレッド。

ファットスプレッドは、マーガリンよりも油脂の含有量が少ないです。マーガリンより水分量が多く柔らかいため、パンに塗りやすいという特徴を持ちます。

ファットスプレッドは、ハチミツや風味原料などを配合することが許されている食材です。現在では、フルーツ味やチョコレート風味など、さまざまな種類のファットスプレッドが販売されています。

風味

バターとマーガリンの風味の違いは、以下のとおり。

  • バター:濃厚でコクがある。
  • マーガリン:あっさりとしている。

牛乳ならではの豊かな風味をもつバターは、濃厚でコクのある味わいが特徴です。料理の味にコクを出したい時にマーガリンを代用すると、物足りないと感じるでしょう。またバターは、加熱しても風味が損なわれません。そのため、熱を加える料理や焼き菓子を作る際に、利用されることが多い食材です。

一方でマーガリンは、原料が植物油のため、バターのような風味はありません。マーガリンは製造過程で香りや味をつけているため、加熱すると風味が消えてしまいます。料理にコクを出したい場合には、向かない食材です。料理をあっさりとした味わいに仕上げたい時に、マーガリンを使いましょう。

賞味期限

バターとマーガリンで賞味期限も異なります。バターとマーガリンの賞味期限の違いは、以下のとおりです。

区分バターマーガリン
未開封冷蔵で約6か月冷蔵で6~10か月
開封2週間程度約1か月

バターよりもマーガリンのほうが、賞味期限が長いです。未開封の場合に限りますが、マーガリンは購入からバターの1.5倍程度日持ちすることも。また、開封後でも正しく保存すれば、マーガリンのほうが長い期間買い換えずに済みます。

ただし、保存方法に注意が必要です。バターやマーガリンを保存する際は、冷蔵庫に入れておきましょう。バターは冷凍庫でも保存可能です。しかし、商品表示に記載されている保存方法である『要冷蔵10℃以下』とは異なるため、品質を保証できません。

マーガリンを冷凍保存すると、解凍した際に油分と水分が分離することがあります。マーガリンの表面に水分がにじみでると、カビが生えやすくなるので要注意です。バターとマーガリンは、定められた方法に従って保存を行い、賞味期限にかかわらず、早めに食べ切るようにしてください。

価格

バターとマーガリンは類似食材ですが、購入する際の価格は異なります。バターと比べてマーガリンのほうが、安価で手に入りやすいです。マーガリンは200gあたり300円程度で販売されていますが、バターは200gあたり400円を超えます。

料理やお菓子作りにバターを使用する際は、コストが高くなるでしょう。料理にバターやマーガリンを使用する際は、以下のようにレシピに合わせてうまく使い分けてください。

  • 大量に作るならマーガリン。
  • 少量で濃厚なコクを出したいならバター。

バターは原材料の高騰によって、価格変動が起きやすい食材でもあります。一方でマーガリンは比較的価格が安定しています。バターを使用するよりも、料理のコストを抑えられる点がマーガリンの魅力です。

【料理別】バターの代わりにマーガリンを使用した際の仕上がり

クッキーの写真

ここでは、以下の料理別にバターの代用食品としてマーガリンを使用した際の仕上がりの違いについて解説します。

  • スポンジケーキ
  • パウンドケーキ
  • クッキー
  • パン

バターの代わりにマーガリンを使用する際の参考にしてください。

スポンジケーキ

スポンジケーキを作る際に、マーガリンを代用すると、ふわりとした食感であっさりした味わいになります。コクや風味が欲しいなら、バターがブランドされた『コンパウンドマーガリン』を使うのがおすすめ。バターの風味やコクが加わるため、仕上がりが大きく変わることはないでしょう。

マーガリンはバターと比べて、柔らかく混ぜやすいため、フルーツやチョコなど、生地に具を入れる際に適しています。

パウンドケーキ

バターの代わりにマーガリンを使用すると、パウンドケーキの生地作りが楽になります。マーガリンは、バターよりも柔らかく混ぜやすいためです。味はバターで作る時と比べると、あっさりしていて、ふわりとした食感になります。

ふわりとした軽い食感が好みだったり、具材を入れて口あたりを軽くしたりしたい人は、マーガリンの使用をおすすめします。

クッキー

マーガリンを使うと、口当たりが軽く、しっとりとした食感のクッキーに仕上がります。味はバターを使用した時に比べて、あっさりとしています。重くなく食べやすいクッキーを作りたい人には、マーガリンの使用をおすすめします。しかしマーガリンは、バターに比べて水分量が多いため、生地が柔らかくなりやすいです。

成形する前に冷蔵庫で冷やし、冷やした生地を冷蔵庫から取り出したら、すぐに作業に取り掛かるのがポイント。作業中や焼いた時に、生地が崩れないようにするためです。クッキーの味が薄かったり、風味が足りないと感じた際は、アーモンドプードルを加えると、コクのある味わいになります。

パン

マーガリンでパンを作ると、バターを使用した時よりも風味は劣ります。しかしふわりと軽く、ソフトな食感に仕上がります。生地が柔らかくなるため、クロワッサンやパイなどの折り込みには、不向きです。マーガリンは、生地を練り込んで作るパンに適しています。

マーガリンにはバターよりも水分が多く含まれているので、生地と馴染みやすく、作業がしやすい点もメリットの1つです。

バターをマーガリンで代用する際の2つのポイント

バターをフライパンで溶かす写真

この章では、バターをマーガリンで代用する際のポイントを2つ解説します。

  • 焦がしバターを使うお菓子はマーガリンで代用できない。
  • 無塩バターと有塩バターのどちらが使用されているか確認する。

バターの代用食品としてマーガリンを使用する前に、目を通しておきましょう。

焦がしバターを使うお菓子はマーガリンで代用できない

焦がしバターを使う『フィナンシェ』や『マドレーヌ』といった焼き菓子を作る場合、マーガリンでは代用できません。焦がしバターとは、褐色になるまでバターを加熱したもの。料理に使うと、バターの香ばしさが足されるのが特徴です。この焦がしバターは、マーガリンでは代用できません。

マーガリンはバターに比べて水分が多く含まれているため、高温で加熱すると溶けて飛び跳ねます。

マーガリンの水分のみが溶けてしまい、鍋やフライパンを焦がしてしまう可能性が高いです。また、マーガリンは加熱すると風味が損なわれるため、焦がしバターのような香ばしさが料理に加わらないでしょう。焦がしバターを使うレシピには、マーガリンを使わないのが無難です。

無塩バターと有塩バターのどちらが使用されているか確認する

バターの代用食品としてマーガリンを使う際は、料理のレシピで無塩と有塩バターのどちらが使用されているか確認しましょう。お菓子作りでは無塩バターが使用されるケースが多いですが、料理では有塩バターが使われます。

マーガリンを使う際は、レシピが無塩か有塩かを見て、塩を追加するなど、味の調整を行う必要があるでしょう。バターの代わりとしてマーガリンを使う場合は、レシピに書かれている分量をそのまま使い、塩分で味を調節してください。

バターをマーガリンで代用する時は活用可能な料理か事前に確認しよう

お菓子作りをしている写真

バターはマーガリンで代用可能です。マーガリンで代用すると、バターを使う時よりも、料理があっさりとした味わいになります。バターよりもマーガリンのほうが賞味期限が長いため、料理を長期保存したい時に使用してもよいでしょう。大量に作る際は、マーガリンがおすすめです。

また価格もマーガリンのほうが安いため、料理にかかる費用を抑えられる点もメリットです。しかし、焦がしバターを使ったお菓子にはマーガリンは使えません。バターをマーガリンで代用する時は、活用できるかどうかを事前に確認しましょう。

バターの代用食品としてマーガリンをうまく活用して、料理のレパートリーを増やしてみてください。


[文・構成/grape編集部]

出典
農林水産省

Share Post LINE はてな コメント

page
top