grape [グレイプ]

【熊本地震】アルピニスト・野口健が被災者のために作った『テント村』 「ゆっくり身体を休めて」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

4月24日、アルピニストとして活躍する野口健さんが、平成28年熊本地震の被災者の方のために125張りの『テント村』を設営しました。

100人以上のボランティアの方とともに「横になってゆっくり休んでほしい」という思いでつくったのだそうです。

場所は益城総合運動公園。この公園には前震があった14日夜以降、被災者の方が続々と詰めかけていました。敷地内にある体育館などで寝泊まりしているほか、車中泊をする人たちで駐車場は満車の状態。

避難生活が長引き、しっかり横になって眠れない状況の方も多く、長時間の同じ姿勢で発症する「エコノミークラス症候群」の不安が膨らんでいました。

4月25日現在で85世帯が利用し、エコノミークラス症候群の解消に一役かったテント村。多くの方の笑顔が見られます。

このテント村は増設予定となっており、さらに200人以上の方が車中泊から解放される見込みです。

被災者の方や、現地を心配する方から感謝の声が集まっています。

ありがとう!の声

野口さんをはじめとしたテント村設営に尽力してくださった方々、ありがとうございます!被災者の方が、一日でも早く元の生活に戻れることを祈ります。

出典
@kennoguchi0821@souichikataoka@yasu84moss@192788@sugicchi__rrko@therapy_nature

Share Tweet LINE コメント

page
top