grape [グレイプ] trend

この子を救いたい ベビーシッターが子守りをしていた赤ちゃんに腎臓を提供

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2016年の夏、アメリカに住む大学生キルステンさんは知人の紹介で、ある家族の子どもたちのベビーシッターをすることになりました。子守りを頼まれたのはロスコーさん一家の3人の子どもたちで、一番下は当時まだ生後9ヶ月だったタリアちゃんでした。

タリアちゃんは生まれつき腎臓に疾患がありました。そして腎臓を移植しなければ、2歳まで生きられないだろうと言われていたのです。

赤ちゃんの病気を知ったベビーシッターは…

タリアちゃんの病気のことを知った時、キルステンさんはまだロスコーさん一家の子どもたちに出会って数週間しか経っていませんでした。しかし彼女の頭にはある考えが浮かびました。

キルステンさん:
2、3週間ほどタリアの子守りをしてきて、腎臓移植というものについてもっと知りたいと思うようになったんです。

ロスコー一家と出会う前は自分が腎臓の一部を提供できることを知らなかった。普段からいつも献血をするようにしていて、それは全く問題なかった。

それから調べてみたら、私は同じ血液型の人に腎臓を提供することができるかもしれないということがわかったんです。

TODAY ーより引用(和訳)

検査の結果、キルステンさんの腎臓はタリアちゃんに適合することがわかりました。そして14時間を要した移植手術は無事に成功したのです。術後の経過も良好で、現在は2人とも順調に回復しているということです。

血縁関係もなく、さらに出会って間もない人に臓器を提供するということは簡単にできることではないと思います。しかしキルステンさんは「タリアちゃんに腎臓を提供することにためらいは全くなかった。」と話しました。

ひと夏のベビーシッターのはずが、思いがけず小さな命を救うことになったキルステンさん。彼女とタリアちゃんとの出会いは運命だったのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
TODAYBabysitter Donates Liver To Baby She Cared For Who Was Waiting For A Transplant

Share Tweet LINE コメント

page
top