grape [グレイプ]

日本のアニメ会社が制作したMVが話題 「6分間で人は感動できるんだね!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Porter Robinson

劇場版『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』をはじめとした、数々のアニメ作品を手掛けてきた制作会社『A-1 Pictures』による、海外アーティストのミュージックビデオ(以下MV)が話題です。

有名DJの楽曲MVを担当

『A-1 Pictures』がMVを担当した曲『Shelter』は、アメリカで活躍しているDJ、ポーター・ロビンソンと、DJ兼プロデューサーのマデオンによる1曲。

以前から、日本のポップカルチャーへの熱い思いを公言していたポーター・ロビンソンたっての希望により実現した今回のコラボ。

2016年10月の公開後、じわりじわりと人気を広げていきました。

Twitterで話題になったのがきっかけ

公開当時こそ、一部ファンの間でしか知られていなかったものの、Twitter上で話題になったのをきっかけに、多くの人から注目されるようになりました。

「感動した」「人を感動させるのに1時間もいらないんだね」「美しい…!」と絶賛の声が寄せられています。

なお、MVはの主人公はVR(仮想現実)世界の中で生きる孤独な少女。なぜ彼女は1人きりなのか…?なぜVRで生きているのか…?

彼女の出生の秘密を、美しい映像と音楽で盛り上げます。そして最後には、せつなくもポジティブなメッセージを伝えています。

それでは、早速ご覧ください。

6分間とは思えないほどの満足感でいっぱいになるMV。地上波アニメとして放送してほしいと思ったのは、筆者だけではないはず。


[文・構成/grape編集部]

出典
Porter Robinson & Madeon - Shelter (Official Video) (Short Film with A-1 Pictures & Crunchyroll)porterrobinson

Share Tweet LINE コメント

page
top