grape [グレイプ]

生放送中にかわいい乱入者 でも、それだけでは終わりじゃない?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

生放送にハプニングはつきもの。どんなに入念に打ち合わせを行ったとしても、想定外の出来事は起きてしまいます。

2017年3月10日、イギリスの公共放送局である『BBC』でも、視聴者の笑いを誘う『放送事故』が起きてしまいました。

強面の教授が…!

その日、韓国の政治事情に詳しいロバート・ケリー教授はテレビ中継でBBCの取材を受けていました。

すると、小さな珍客がロバート教授の背後から忍び寄ってきて…!?

中継先は、おそらくロバート教授の自室。部屋のドアが開いたと思ったら、なんと娘さんが踊りながら画面に映り込んできたのです!

それだけではありません、なんとベビーウォーカーに乗った赤ちゃんまで乱入してきたではありませんか。

冷静にインタビューを続行しようとしていたロバート教授も「…失礼…すみません」と目を閉じて笑いをこらえるそぶりをみせています。

この様子をBBC Newsが動画サイトでも公開したところ、300万回以上も再生され、様々なコメントが寄せられました。

  • ほっこりしたわ〜。こんなハプニングならいつでも大歓迎よ。
  • みんな個性豊かに乱入してくるね。
  • 冷静にインタビューを続けようとするところが、プロだね。

ついには、ハリウッド俳優のトム・ハンクスまでもが反応するほどの話題を呼びました。

これぞニュース!

@tomhanks ーより引用

『放送事故』と呼ぶには、あまりにも可愛すぎるハプニング。ロバート教授は、ニュースだけではなく、多くの視聴者に笑顔も届けたに違いありません。


[文・構成/grape編集部]

出典
Children interrupt BBC News interview - BBC News@tomhanks

Share Tweet LINE コメント

page
top