妻が描いた漫画を地蔵にそなえた、おじいさん その夜、まさかの展開に!

作った笠を売る日々を送っている、貧しくも心が清い老夫婦。
ある雪の日、おじいさんは売れなかった傘を地蔵にかぶせてあげた。

「こんな雪の中、つらかろう。これで寒さをしのぐといい」

その夜、家の外で物音がしたかと思うと、そこには大量の食べ物が積まれていた。
ふと視線をやると、そこには背を向けて去っていく地蔵の姿があったのだった。

日本の昔話『笠地蔵』。子どものころ、1度は耳にしたことがあることでしょう。

心優しい老夫婦の姿から、「いいことをすると、いつか自分に返ってくる」「正しき者は救われる」ということを伝えています。

おばさんが『笠』ではなく『漫画』を描いたら、こうなる!?

そんな『笠地蔵』を、ユーモアあふれる『コミケ童話』の1つとして描いたのは、おのでら(@onoderasan001)さん。

原作と同じく、笠を売って暮らしている老夫婦。ですが、ある日おばあさんが作ったのは、『笠』ではありませんでした。

「できたぞじいさん!BL漫画が!

※『BL』…ボーイズラブの略。

おばあさんの力作BL漫画『笠じじい共』を地蔵にそなえた、おじいさん。

徹夜して描かれた力作を読み、すっかりファンになった地蔵たちが、直接感想を伝えに来る展開になってしまいました!

「あ、作家さんですかッ!お会いできて嬉しいです!」

「こ、これからも応援してます!」

「これ、差し入れです!よかったら…!」

地蔵たちは『差し入れ』といっていいか分からない量の食べ物やギフトカードなどを手渡すと、興奮した様子で帰って行ったのでした…。

興奮のあまり早口になってしまう姿は、まるで現代のファンのようです。

心温まるやりとりを見て、おじいさんも「よかった、読んでくれてた!」と号泣!良心が痛んでいただけに、ホッとしたのでしょう。

  • 差し入れのラインナップで笑った…。
  • おじいさんとおばあさんの夫婦仲のよさが可愛すぎる!
  • 差し入れにiTunesのカードとAmazonギフトカードが入ってる…!

ぶっ飛んだ展開であるにもかかわらず、読んでいると心が温かくなるこの作品。

地蔵をも感動させる漫画を描くおばあさんなら、いつか有名作家になる日も近いかもしれません!


[文・構成/grape編集部]

出典
@onoderasan001

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop