林先生が語る「英語ができてもダメ」な理由 納得する人が続出!

2017年9月24日に放送されたTBS系番組『林先生が驚く初耳学!』。

その中で、林修先生が「英語ができる人」に対する持論を展開し、多くの人を驚かせています。

林先生が語る、英語ができてもダメな理由

番組では、林先生がある有名企業の採用基準を引き合いに出し、有用な人材とそうでない人材について語りました。

新人を採用するにあたって、以下の4人はどのようにランク付けされるでしょうか。

  • A:英語ができて、仕事もできる人
  • B:英語ができて、仕事ができない人
  • C:英語ができず、仕事はできる人
  • D:英語ができず、仕事もできない人

林先生によると、この中で1番採用したい人材は「A:英語ができて、仕事もできる人」。

次に「C:英語ができず、仕事はできる人」が選ばれました。

その後は「B:英語ができて、仕事ができない人」が続くかと思いきや、実は「D:英語ができず、仕事もできない人」だというのです。

つまり、「B:英語ができて、仕事ができない人」は最下位

その理由を、林先生はこう語りました。

英語ができて仕事ができない、そういう人をとると、「英語ができる」ことを「仕事ができる」ことだと勘違いして1番使い物にならないから。

だったら「自分は何もできないんです」という学生をとったほうが鍛えやすい。

林先生が驚く初耳学! ーより引用

この考えに、スタジオは「おおー」と納得した様子でした。

その話を聞いていた青山学院大学・陸上競技部の監督、原晋さんは「世の中的に英語ができたら、すべてができると勘違いしてる世代がありますよね」とコメント。

それに対し、林先生は「日本社会は、物差しが狂っていると感じることがある」と感想を述べました。

林先生は加えて、「英語が話せるようになることより、何を英語で話せるかが大事。英語が話せても、話す内容を考えられる思考力がなければ意味がない」という旨を熱弁。

林先生の持論に、納得する声が続出しています。

  • 私の周囲の人たちはまさにこれ。幼少期は英語より思考力を鍛えることに力を入れている。
  • 英語ができることを『学歴』と置き換えても同じことがいえるのかも。
  • とてもよく分かります。日本の『英語至上主義』に、首をかしげることがあります。

現代の日本において、英語ができるというのは素晴らしいことです。しかし、より大事なのはそのスキルを活用する「思考力」や「人間力」なのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
林先生が驚く初耳学

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop