grape [グレイプ]

飛行機内で渡された『紙ナプキン』 見た途端、女性の目には涙があふれた

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Tricia J. Belstra

アメリカ在住のトリシア・J・ベルストラさんは、2017年の8月に、最愛の息子を失いました。

大切な家族の突然の死に、耐え難い苦しみを感じたことでしょう。ある日飛行機に乗っていた彼女は、ひどく気分が優れなかったといいます。

その機内で起きたある出来事をFacebookに投稿したトリシアさん。「いままで誰にもいえなかった」という一文から始まる、感動の物語をご紹介します。

※写真はイメージ

体調が悪いトリシアさんに、CA(キャビンアテンダント)が「大丈夫ですか?」と声をかけてきました。水を頼むと、別の若い男性CAが持ってきてくれたのだそう。

トリシアさんの体調を心配する男性CAに対し、彼女は「息子を埋葬するために故郷へ帰るの」と話しました。

男性CAは、トリシアさんに水とダイエットコーラ、そして氷の入ったグラスを渡し、お悔やみの言葉を述べました。

手が震えてうまく飲めないトリシアさんを、横に座っていた女性が手助けしてくれたといいます。

紙ナプキンに書かれたメッセージ

目的地に到着し、飛行機を降りようとしたトリシアさんを、呼び止めた男性CA。彼は悲しみに沈むトリシアさんに、1枚の紙ナプキンを渡しました。

そこにはびっしりと、長文のメッセージがつづられていたのです。

私は2004年に兄を失いました。いま思い出しても、胸が苦しくなります。

母親として息子さんを失ったあなたの心の痛みは、想像以上でしょう。

私は悲しみにくれる自分の母の姿を見てきました。(彼女の悲しみは、いまも変わらず続いています)

ですが、未来に向かい、新しい命を誕生させることができるのは母親という存在だけです。あなたはまだ、その役目を終えていません。

あなたの息子さんが生まれ、生きていた日々は、彼の死よりも重要なことでしょう。

私の母は、心の痛みと向き合おうと、必死に闘っていた時期がありました。しかし、苦しみを完全に取り除くのは難しいと気付き、いまではゆっくり、自身を癒しています。

どうかあなたも、無理して心の痛みと向き合うことにエネルギーを費やさないでください。どうせなら、喜びを感じることに全力をつくしてください。

家族を訪ねるのはもちろん、旅に出て、見知らぬ人と話をするのもいいでしょう。

いま、目の前にあるのはあなたの人生です。あなたが人生を全うする姿を、息子さんに見届けてもらいましょう。

だからどうか、自分のことを責めるのはやめてください。

この世界には、あなたのことを気にかけている人がいっぱいいます。この出来事を乗り越えたら、いままでよりもっと強いあなたになれるでしょう。

ずっとあなたを応援しています。

Tricia J. Belstra ーより引用(和訳)

心のこもった言葉に、トリシアさんはあふれる涙をこらえることができませんでした。

飛行機で起きた素敵な出来事は、大勢の心に響きました。

  • なんて素晴らしい話だ。涙が止まらない。
  • 見知らぬ人から、とても偉大な言葉を受け取ったね。
  • 13年前に夫を亡くした私だって、いまでも泣く日があるわ。負けないで。息子さんの分まで生きるのよ。

『名前も知らない男性CA』の言葉に救われたトリシアさん。

これからの人生で、悲しみに襲われる日が何度も訪れるかもしれません。

ですが、そのたびに彼女はこの紙ナプキンを広げ、彼女の幸福を祈った1人の青年がいたことを、思い出すことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
Tricia J. Belstra

Share Tweet LINE コメント

page
top