中国で出会った、水筆で美しい字を書くおじいさん 相手が日本人だと気付くと

旅行で中国の首都・北京市を訪れた、とみけん(@tomipop)さん。

美しい景色やおいしい食べ物を楽しんでいたある日、思わず笑顔になれる、素敵な出来事に遭遇したのだそうです。

水で字を書くおじいさんからの『メッセージ』

それは、海淀区にある世界遺産『頤和園(いわえん)』を訪れた日のこと。園内を歩いていると、人だかりができているのが目に入りました。

近付いてみると、そこにいたのは1人のおじいさん。どうやら、石畳に水筆で文字を書くパフォーマンスを披露しているようです。

手に持っているのは、スポンジをペットボトルにくっつけた水筆。巧みに使いこなし、漢字をすらすらと書いています。

パフォーマンスに見入っていると、おじいさんは、とみけんさんと同行者が日本人であることに気付きました。

すると、水筆でこんなメッセージを書いてくれたのだそうです。

おはようございます!
中日友好!

地面に現れたのは、なんとも美しい字で書かれた日本語のメッセージ!それも、『中日友好!』と温かい言葉を書いてくれたのです。

字の美しさは、心の美しさと比例するといわれます。見ていると、おじいさんの人柄のよさが伝わってきますね。

おじいさんのパフォーマンスによって、旅の思い出がさらに素敵なものになったのではないでしょうか!


[文・構成/grape編集部]

出典
@tomipop

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop