grape [グレイプ]

サウジアラビアのサポーターが試合後に『ゴミ拾い』 日本のマナーを世界が見習う

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

提供:産経新聞社

2016年11月15日に行われたサッカーW杯アジア最終予選、日本vsサウジアラビア。清武選手や原口選手のゴールで、日本代表は2-1と勝利を収めました。

26580_02

埼玉スタジアム2002で行われた、この試合。

試合終了後に、サウジアラビアのサポーターがゴミ拾いをする姿が見られ、大きな注目を集めています。

試合終了後のスタジアムは汚くて当たり前

実はサッカーの試合後、「スタジアムは汚くなるのが当たり前」というのが海外の常識です。

ヨーロッパでは、席でタバコが吸えるスタジアムが多いため、吸い殻をポイ捨てするのは当たり前で、食べ物や飲み物、パンフレットなどを放置して帰る人は多くいます。

そんなサッカー界の悪しき常識を打ち破ったのが日本人サポーター。

26580_01

W杯初出場の1998年フランス大会から、負けたにも関わらず試合後にスタジアムの清掃をする姿が、海外メディアなどに報じられてきました。

2014年に行われたブラジルW杯でも、日本人サポーターがゴミ拾いをする姿が目撃され、称賛されています。

そして、日本人サポーター特有だった「試合後にスタジアムのゴミ拾いをする」という習慣が、海外にも影響を与え始めます。

なんとサウジアラビアのサポーターが試合後、スタジアムでゴミ拾いを始めたのです。

サウジアラビアのサポーターだって負けて悔しくないはずがありません。

しかし、そんな時でも、ゴミ拾いをしたサウジアラビアのサポーターに「敵ながらあっぱれ!」と称賛の声が寄せられています。

日本発信のゴミ拾いが海外のサポーターにも浸透して行くのはとても嬉しいこと。

もっと多くの国のサポーターに広がり、「ゴミ拾いをしたこと」が話題にならないくらい「当たり前のこと」になるといいですね!

出典
Imgur

Share Tweet LINE コメント

page
top