「威厳のある上司になりたい」男性からの相談を、ビートたけしがバッサリ

働く上で、避けては通れないのが人間関係の悩みです。職場の人間関係がうまくいっていれば、仕事も円滑に進むもの。

特に上司は、多くの部下をまとめなければならない立場です。「どうしたら頼ってもらえるか」「信頼関係を築きたい」といった悩みを抱える上司は多いといいます。

2017年10月9日に放送した『なるみ・岡村の過ぎるTV』(朝日放送)でも、同様の悩みを持つ48歳の男性会社員を紹介。ゲストのビートたけしさんが、男性の悩みにズバッと回答し、話題になっています。

ナメられたほうがいい

部長から「上司の威厳がない」と毎日プレッシャーをかけられています。

どうすれば、威厳のある上司になれるでしょうか。

人の上に立つ立場だからこそ、威厳を見せたくなる気持ちも分からなくはありません。しかし、少し間違えれば「偉そう」と誤解を与える可能性も。

悩む男性に、たけしさんは独自の視点から回答をしています。

自分が貫禄あるように見せるヤツほど、見抜かれるんだよ。

ナメられて結構というヤツのほうが、意外に下がアレ(好感を持ってくれるもの)だよ。

なるみ・岡村の過ぎるTV ーより引用

「威厳を持とうとしないほうがいい」と助言するたけしさん。続いて、こんな提案をしています。

心配ごとも相談ごともないけど、わざと相談すりゃいい。

なるみ・岡村の過ぎるTV ーより引用

たけしさんいわく、相談することが部下との距離を縮めるきっかけになるというのです。そうすることで、周囲から「この人は、支えなければいけない」と思ってもらえるとのこと。

相談されると、相手の本心を垣間見たような気持ちになることもあります。まずは、こちらから歩み寄る姿勢を見せることが、大切なのかもしれません。

この回答に「分かる」と賛同の声が集まります。

  • 威厳がある上司もいいけど、親しみやすいほうが頼りやすい。
  • 分かる!威厳を持たせるってすごく難しいし、それよりも心の距離を近づけるほうがいいと思う。
  • お互いに相談できるのが、いい上司。時代は変わりましたね!

タモリさんや明石家さんまさんと共に『日本のお笑いタレント、ビッグ3』と称され、映画監督として多くのスタッフをまとめてきた経験を持つたけしさん。

長年、人の上に立ってきた、たけしさんのアドバイスだからこそ内容にも真実味がありますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
なるみ・岡村の過ぎるTV

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop