同性婚反対のポスター 対するピザ店のメッセージが超クール

出典:@WarnieDT

性の多様化が進む現代。「LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)」への理解も深まり、世界各国で同性婚が認められ始めています。

しかし、LGBTへの理解が深まる一方で、そうした動きに反感を持つ人たちがいるのも事実です。

「同性婚反対」のメッセージ

2017年9月から、同性婚の合法化への可否を問う国民投票が始まったオーストラリアでは、反LGBTの団体が「IT'S OK TO SAY "NO"(『イヤ』といってもいい)」と書かれたポスターを掲げ、同性婚への反対の意を示しました。

これに対し、近隣のピザ店がウィットに富んだメッセージをポスターに書き加えたことで、話題になっています。

ポスターの隣に書き加えられた「TO PINEAPPLE ON PIZZA」の文字。つまり、合わせて読むとこういう意味になります。

IT'S OK TO SAY "NO" TO PINEAPPLE ON PIZZA
(ピザに乗ったパイナップルに対して、『イヤ』といってもいい)

日本でいうならば「酢豚にパイナップルは許せるか」に近い感覚なのでしょうか。

政治的な意味を持つメッセージが一転、クスッと笑えるものに早変わりしてしまいました!

ピザ店の意図とは

ピザ店のメッセージはたちまち話題になり「笑った」「天才的」「ピザのトッピングに自由を!」「これがオーストラリア流」と、称賛の声が続々と寄せられています。

また、ピザ店側は、ABCニュースの取材に対して、メッセージを書き加えた意図をこのように説明。

「私たちの仕事は、ピザを作ることです」

「私たちの仕事に政治的な視点を持ち込みたくなかったのです」

ABC ーより引用(和訳)

同性婚に関しては、賛成派も反対派も多く実にセンシティブな問題。それにもかかわらず、こんな機転の利いた対応がとれるなんて、ピザ店のアイディアに感心せずにはいられません!


[文・構成/grape編集部]

出典
@WarnieDTABC

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop