grape [グレイプ]

「着ぐるみの人が、田んぼでカラスとたわむれてる」 とんでもないカン違いだった!!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

四季折々の豊かな自然に恵まれ、美しい景色が魅力の、新潟県佐渡島。

佐渡島で撮影された驚きの光景に、注目が集まっています。

着ぐるみ…?いや、これは!!

ある日、佐渡島に住む澤田敏之(@sawadiiiiii)さんが、田んぼの近くを車で通っていた時のこと。

田んぼの真ん中で、カラスの群れに混じり、モゾモゾと動く大きな黒い生き物を発見したといいます。

「人間が入っている着ぐるみかな?」と思い、まじまじと見つめてみた澤田さん。そこには衝撃的な光景がありました!

のどかな田園風景に現れた、珍しい一部始終をご覧ください。

着ぐるみじゃなくて、ワシだった…!!!

なんと、カラスの群れにまぎれこんでいたのは『クロハゲワシ』。

※写真はイメージ

クロハゲワシとは、全長1m以上、翼を広げた時の両翼端を結ぶ距離が2.5m以上という巨体を持つワシで、日本ではめったに見られない鳥です。

世にも珍しい光景に、見た人たちからは、さまざまなコメントが寄せられました。

・保護者と子どもたちみたい。

・どこからやってきたのかな。

・なんだか仲よしに見えるね。

ちなみにクロハゲワシはその後、姿を消し、行方が分からなくなったのだとか。

自然の宝庫、佐渡島に訪れたミラクル。もしかすると、クロハゲワシは島の魅力に誘われて、ふと迷いこんだのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@sawadiiiiii

Share Tweet LINE コメント

page
top