grape [グレイプ]

新宿駅に降り立った魔王たち その後の展開に「分かりすぎる」「爆笑した」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

漫画家の横山了一(@yokoyama_bancho)さんが描いた、3人の魔王の話をご紹介します。

「俺たちの力で、人間界をほろぼしてみせよう」

そんな思いを胸に、人間界に現れた魔王アスタロト、ベルゼバブ、モロクの3人。

彼らが偶然降り立ったのは、新宿…多くの人間がいるこの街から、恐ろしい計画の第一歩を踏み出そうとしていました。

「こんな街1つ、あっという間に潰せる」と、不敵な笑みを浮かべる魔王たちですが…。

新宿駅に降り立った、魔王たち

あまりにも入り組んでいるため、構内図を見ても理解できない人が多い新宿駅。例えば、単に『南口』といっても、新南口、南口、東南口の3つがあります。

そのため、ネット上には『新宿駅の攻略法』なるウェブサイトが多数存在しています。新宿駅は、リアルダンジョンなのです。

※写真はイメージ

新宿駅の攻略サイトを見た魔王たちは、「まだ知らないことがたくさんある」と気付きを得た模様。勇者を待ち受けることが多い魔王が、ダンジョンを攻略する側になるとは…。

そして、ベルゼバブは本当の自分の姿になった様子です。3人は再会できるのでしょうか。

ちなみに、新宿は『JR新宿駅』と『西武新宿駅』の乗り換え難易度が高いことでも有名です。彼らが世界を…いえ、新宿をほろぼすことができる日は、まだ遠そうですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@yokoyama_bancho

Share Tweet LINE コメント

page
top