grape [グレイプ]

父親「マジで!?」 小学生の娘の『ひと言』にしばし固まる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

『料理の鉄人』『和風総本家』『大改造!!劇的ビフォーアフター』など、多くの番組を手掛ける放送作家の伊藤正宏(@ito3com)さん。

ある日、小学生の長女からこのような質問を投げかけられたといいます。

お父さんはどうして、私のお友達の前で自分のことを「オジサンはね」っていうの?

自分のことを「オジサン」と表現することに、疑問を抱いているというのです。

さらに長女は、伊藤さんが「マジで!?」と固まってしまうひと言を告げます。

お友達のパパはみんな「○○パパはね」っていうよ。お父さんだけだよ「オジサンはね」っていうの。

なんと、伊藤さん以外のお父さんは、自分の娘の名前に『パパ』を付けて呼ぶというのです。

伊藤さんのツイートに、驚く声が多数寄せられました。

・私も「オジサンはね」といっていました。伊藤さんとほぼ同年代なので、もしかすると世代によるのかも?

・昭和の人間あるあるでしょうか。「オバチャンはね」といっていました。

・私の周りは「○○ママ」という人は少ないです。とはいえ「オバチャン」といったら子どもに苦笑されました。

地域や学校によっても呼びかたは変わりますが、大きな分かれ目となっているのは『昭和生まれ』か『平成生まれ』かなのかもしれません。

父親や母親が自分のことをどう表現するのかも、時代によって変わっていくのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@ito3com

Share Tweet LINE コメント

page
top