grape [グレイプ]

「黒人の子だけ手をつないでない!」差別を訴える人に、母親が見事な切り返し

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年5月18日、アメリカ・テキサス州にあるサンタフェ高校で銃乱射事件があり、生徒ら10名が犠牲になりました。

この事件の後、アメリカ・プロバスケットボールリーグ(NBA)の試合前に、サンタフェ高校の生徒たちによる黙とうが行われました。

「人種差別だ!」写真を見た人から非難が

NBAは公式Twitterに少女たちの写真を投稿。するとこの写真を見た人たちから非難の声が上がり始めます。

「なぜ黒人の少女だけ手をつないでいないんだ?これは人種差別だ!」

写真に写っている少女たちの中で、右端に写っている黒人の少女だけが隣の人と手をつないでいません。彼女が黒人だということから、「白人の少女たちが人種差別をしているのではないか」という疑問を抱く人が現れたのです。

黒人の少女の名前はニコールさん。この騒ぎを知ったニコールさんの母親であるリンダさんは、Twitterで反論します。

この『黒人の少女』は私の娘です。あなたがたのような人々が人種によるもめごとを起こさせるのです。何かにつけて物事を人種と結び付けたがる。

写真に写っている少女たちは娘の友人です。あなたは自分がいっていることについて何も分かっていない。黙っていてください。

あの時、娘は国家斉唱の前に泣きたくなかったのです。彼女は手をつなぐと泣いてしまうと思ったから、つながなかったのです。

それが真実です。人種は何も関係ありません。(騒いでいる)あなたたちはなんてばかばかしいのでしょう。

手をつながなかったのは、ニコールさんの意思によるものだったのです。

このリンダさんのコメントによって騒ぎはおさまるかと思われました。ところがリンダさんが白人だったことから、今度は「あなたは本当にニコールさんの母親なのか?」という声が浮上。

これに対してリンダさんは再び反論します。

私は娘の出生証明書を持っています。ウソをつく理由はありません。

「私の友達をいじめないで」少女が自ら訴える

そんな加熱する騒ぎに対して、ついにニコールさん本人が動画でコメント。心情を打ち明けます。

「こんにちは。ニコールです。私があの場で国家を歌った1人です。(リンダさんを紹介して)この人が私の母親です。

人種に関わる問題は何もありません。だから私の友人たちを人種差別主義者だと呼ぶのはやめてください。それは正しくありません。

私は黒人です。そんなこと知ってます。(姉を紹介して)彼女は私の姉です。

もしあなたがたが私の友人たちを攻撃するのをやめてくれたら感謝します」

このニコールさんの動画には、「素晴らしい家族だ」というコメントがたくさん寄せられています。

娘を守りたい。母親の愛あふれるツイートに感動する人が続出

一連の騒ぎでは、ニコールさんは加害者扱いではなく被害者でした。しかし母親のリンダさんは、人種差別だと非難してきた人に強い口調で反論。きっと彼女は、娘が不必要な騒ぎに巻き込まれることで傷付くのを恐れていたのでしょう。

残念ながら世界ではいまなお、人種を始めとするさまざまな差別が起きています。しかし、当人以外の人が詳しい事情を知らずに表面だけを見て差別だと決めつけることは、果たして正しいのでしょうか。

「娘を守りたい」という思いで人々に反論したリンダさんと、「友人を守りたい」という思いで声を上げたニコールさん。まさに強い心をもった素晴らしい親子ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@NBA@Lyndarjan1

Share Tweet LINE コメント

page
top