grape [グレイプ]

生徒から『惚れ薬』を差し出された男性 葛藤の末、飲み干した結果…?

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

恋愛感情を起こさせることで、目の前の相手を好きにさせる『惚れ薬』。

薬を飲んだ瞬間誰かを好きになる…という効力の薬は現実に存在しませんが、フィクションで時折目にしますよね。

もし、いつかそれほどの効力を持つ惚れ薬が作り出されたら、使う人は現れるのでしょうか。

『純情な理科の先生と、惚れ薬を作ったかもしれない生徒』

漫画家の一智和智(@burningblossom)が描いたのは、男性教師と女子生徒の創作漫画。

ある日、男性教師は女子生徒からビーカーを差し出されます。

「先生、これ飲んで」

そういわれ、動揺する男性教師。なぜなら、その女子生徒は惚れ薬を作っているというウワサが流れていたのです…。

勢いよく、ビーカーのまま飲み干した男性。しかし、惚れ薬を飲んでも何も変化が起きません。

疑問を抱いた男性が、ふとビーカーの底を見ると…そこには「好きです」というメッセージが!

予想外の展開と、いじらしい告白に、男性は倒れてしまいました。破壊力は抜群だったようです!

ちなみに、告白のメッセージはビーカーの裏に書いた様子。

「好きな人に溶けたインクなんて飲ませられない!」という気持ちも、いじらしいですね!

薬自体に効果はなかったものの、ある意味最強の『惚れ薬』だったのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
@burningblossom

Share Tweet LINE