grape [グレイプ]

生徒が腕を競う『スイーツ甲子園』 コロナの影響を受けたけど、ついに?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

高校生パティシエ日本一を決定するコンテスト『スイーツ甲子園』。

同一の高等学校・専修学校高等課程などに在学している生徒3人1組のチームが参加し、お菓子作りの技術とアイディアを競い合っています。

スイーツ甲子園の受難…コロナウイルスの影響で延期になったけど?

2019年に開催された、第12回スイーツ甲子園のテーマは『カスタードを使ったケーキ』でした。

優勝は、学校法人糸菊学園 名古屋調理師専門学校のチームが作った、こちらの『不思議の国のティーパーティー』!

ティーポットのバランスや、紅茶がカップに注がれる躍動感、そしてケーキ上のアリスたちのかわいらしい様子が素晴らしい作品です。

作品に刺激され、第13回目となる2020年のスイーツ甲子園に参加する意欲を燃やした生徒も多いことでしょう。

しかし、2020年の春から新型コロナウイルス感染症が流行したため、スイーツ甲子園は開催概要の一部見直しや日程調整が発生。

「無事に開催されるの?」と不安を抱いた人もいるかと思いますが…ご安心ください!

第13回スイーツ甲子園の再募集が、同年7月1日から開始しています。

ついに第13回スイーツ甲子園の再募集を開始

今回のテーマは『日本から世界へ -私たちのメッセージ-』。

再募集の締め切りは9月1日で、書類選考を経て10月に予選大会。11月に決勝大会を実施します。

各大会は会場入場者を大幅に制限するなど、感染防止を徹底して実施する予定。

感染拡大の状況によっては実施概要や、決勝大会優勝賞品である研修旅行が変更になる可能性もあるため、随時ホームページやSNSを確認しましょう。

また、料理好きな高校生たちの自己表現の場として、新たに『高校生スイーツレシピチャレンジ』も同時に開催します。

興味のある人は、参加してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
スイーツ甲子園

Share Tweet LINE コメント

page
top