grape [グレイプ]

「ベランダにハトの卵が!駆除すると罰金!?」 実録漫画に反響

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

家のベランダや室外機の裏、倉庫といった場所は、ハトにとって絶好の巣作りポイント。

そのため、「ある日突然、自宅にハトの巣ができてる!」とビックリする人も少なくありません。

※写真はイメージ

鳥が子育てをする姿は、人間と同じようにほほえましいもの。

しかし、ハトの巣を放置してしまうと、大量のフンが家を汚したり、鳴き声に悩まされたり、近隣住民との騒音問題に発展したりと、いろいろな被害を受けてしまいます。

また、ハトの巣を放置することで、何度掃除をしてもしつこく巣にされてしまうことも…発見次第、速やかに手を打たなければなりません。

ある日、ベランダにハトの巣が…!

つきん(@tukin_art)さんが投稿した実録漫画が話題になっています。

数週間前から、自宅のベランダにいる2羽のハトの鳴き声が聴こえてくるようになったという投稿者さん。

鳴き声で目が覚めるほどうるさかったものの、投稿者さんは放置することに。それから、2羽は静かにベランダで過ごすようになったといいます。

しかし、ある日ベランダの植木鉢に目をやると…そこには2つの卵があったのです。

日本では『鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律』(以下、鳥獣保護管理法)が定められています。

そのため、自治体へ許可申請を行わずに対象の鳥獣を駆除してしまうと、法的に処罰を受けなくてはならないのです。

また、飼育も禁止されているため、例え弱っているハトを見つけても、個人が保護することは法律違反になってしまいます。

【簡単にできるハト対策の一例】

・ベランダの死角や隙間をこまめにチェックする。

・鳥除けのネットや剣山を設置する。

・ハトのフンはすぐに掃除する。

ハトは縄張り意識が強いため、一度巣を作ってしまうと何度も戻ってきます。

そのため、こまめに掃除を行い、「ここでの巣作りは適していない」とハトに思わせるような環境づくりが重要なのです。

例え自分が「鳥が好きだからいいや」と思っていても、鳥が苦手な近隣住民に恐怖を与えたり、騒音で迷惑をかけたりしてしまう可能性もあります。

もし巣ができてしまった場合は、速やかに専門の業者に連絡し、巣を撤去してもらうのをオススメします。


[文・構成/grape編集部]

出典
@tukin_art

Share Tweet LINE コメント

page
top