grape [グレイプ]

スタバで注文した吃音の男性 渡されたカップを見て衝撃を受ける

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

カジュアルな雰囲気と、種類豊富なコーヒードリンクなどが世界中で人気のスターバックス。しかしここ数年、アメリカのスターバックスでは店員の接客をめぐってさまざまな問題が起きています。

2018年5月には、黒人や移民に対する人種差別があったと非難された事態を受け、スターバックスはアメリカ国内の直営店を休業し、従業員に差別について学ぶ研修を行いました。

そのスターバックスでまた、1人の客が差別的な待遇を受けたとして問題となっています。

「ひどくバカにした態度」友人が怒りの投稿

ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるスターバックスを訪れたサムさんは、アイスコーヒーを注文。サムさんは吃音をもっており、言葉を発する時にどもってしまうことがあります。

店員に名前を聞かれた彼がどもりながら「サム」と答えると、店員はサムさんの真似をして、「オッケー。サ・サ・サ・サム」と聞き返したのだそう。

これだけでも非常に失礼に当たることですが、さらにサムさんは注文したコーヒーのカップを見てショックを受けます。なんとカップには彼の名前が『SSSAM』と書かれていたのです。

カスタマーサービスに訴えるも、的外れな返信が

この出来事に気分を害したサムさんは、スターバックスのカスタマーサービスにメールで苦情を伝えます。

ところが返ってきたのは、「名前の書き方によってお客様に失礼な対応だと感じさせてしまい申し訳ありません」という、まるで定型文のような謝罪の言葉と、5ドルのギフトカードだったということです。

この話を聞いたサムさんの友人であるタンさんは、自身のFacebookにカップの写真と共に一連の出来事について投稿。

スターバックスは肝心なことが分かっていない。これは客の名前のつづりを間違えたことについての苦情じゃない。『言語障害をもつ人に対してどう接するか』ということなんだ。

Tan Lekwijit ーより引用

このタンさんの投稿は一気に拡散され、数日後にスターバックスはFacebook上でサムさんに不適切な対応をした従業員を解雇したことを伝えました。またサムさんにも直接連絡を取り、謝罪をしたようです。

タンさんは今回の出来事についてFacebookでこうつづっています。

僕は誰かを困らせようとして、この投稿をしているわけじゃありません。ただ従業員の方々に知ってもらいたいのです。

世の中には僕の友人より重い症状の言語障害をもつ人たちが大勢いて、彼らは自尊心や自信が持てず苦しんでいます。

今回のような扱いを受けること、とりわけサービス業の人たちからの対応は、彼らの心に深い傷あとを残します。

スターバックスの従業員の方々には、どうかそのことを心にとどめておいてもらいたいのです。

Tan Lekwijit ーより引用

差別をする人たちは、差別を受けた人の心の痛みがどれほど大きなものか、きっと想像がつかないのでしょう。また意図的でなくても無意識に誰かを傷つけてしまっている可能性もないとはいえません。

これは決して他人事ではなく、私たちみんなが常に気を付けていなければいけないことです。意図せず間違ってしまったとしたら、誠意を持って謝罪すべきでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
Tan Lekwijit

Share Tweet LINE コメント

page
top