grape [グレイプ]

娘「まじ?」母親「まじ!」 電球を買った親子、オチに吹き出す

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

「親が私のことをよく見てくれている」と実感できた時、多くの子どもは嬉しく思います。

性格や趣味への理解はもちろん、周囲の環境まで知っていて、何か困ったことがあった時にサポートしてくれたら…親への信頼は深まることでしょう。

さやまさんがエッセイ漫画を投稿しているインスタアカウント『さやまの日常』(sayama_diary)の中から、家族とのエピソードをご紹介します。

16歳くらいの時に、お母さんとホームセンターへ行ったさやまさん。

そこで、嬉しさのあまり顔が緩むような出来事があったのですが、ツッコミを入れたくなるオチが待っていました!

せっかくの感動が全部吹き飛んだ

家に帰って確認してみると、さやまさんの部屋の電球とこんなにも違いました!

自信たっぷりに答えたお母さんに、ツッコミを入れずにはいられない状況。さやまさんは、当時を振り返りながら次のように語っています。

わたしの根拠のない自信、そして絶望的な適当さは

ママの血からきてるんだろうなぁと思います(笑)

sayama_diary ーより引用

適当だったお母さん。ですが、さやまさんにとっては「やっぱり親子だなあ」と感じられる出来事だったようです。

いろいろなことを知っていなくても、意外なところで親子のつながりを感じられるものですね。

さやまさんは、ほかにもエッセイ漫画を多数投稿しています。気になった人は、ぜひご覧ください。

Instagram:さやまの日常(sayama_diary


[文・構成/grape編集部]

出典
sayama_diary

Share Tweet LINE