grape [グレイプ]

8月下旬に増える『子供の自殺』 田村淳のつぶやきが、心に刺さる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

夏休みが明け、新学期の始まる9月1日。久しぶりの学校生活が楽しみな子もいれば「行きたくない」と憂うつな気分の子もいるでしょう。

※写真はイメージ

自殺総合対策推進センター(JSSC)は、昭和48年度から平成27年度にかけて、小学校から高校までの通学適齢期の自殺者数について分析。

その結果、中高生は9月1日の自殺者数がもっとも多く、小学生は11月30日の自殺者数がもっとも多いことが明らかになりました。

2018年現在、9月1日に限らず8月下旬から9月初旬にかけて、子どもたちの自殺者数は増えているのだそうです。この現状と、大人たちはどう向き合っていくべきなのでしょうか。

田村淳「死にたくなるほど学校に行きたくないのなら」

現状を受け、お笑いタレントの田村淳さんは、8月29日にツイートを投稿。

さまざまな理由で「夏休み明けに学校へ行きたくない」と思い悩む子どもたちに向けて、次のようなメッセージを送りました。

田村さんは、迷わず行かない選択をすることを子どもたちに勧めます。

そして、「学びの場所を学校だけに限定せず、自分に合った環境をゆっくり見つけたらいい」と訴えました。

田村さんは、これまでにも何年かにわたり、似たようなメッセージを投稿し続けています。

田村さんの行動に対し、ネット上ではさまざまなコメントが寄せられました。

【ネットの反応】

・ニュースで夏休み明けの子どもの自殺を耳にするたび、心が痛みます。1人でも多くの子どもがSOSを叫べるような社会にしたいです。

・田村さんのように、行かないという選択を肯定してくれる人が、いまの子どもたちには必要だと思います。

・学生のころ、親に「行きたくない」と伝えたら休ませてくれて、映画館や美術館に連れて行ってくれました。いまでも本当に感謝してます。

学校生活を過ごす中で、死を選びたくなるほどつらい思いをしていたとしても、それを大人に訴えることは勇気がいるものです。

子どもによっては、悩みぬいた末にありったけの勇気をふりしぼり、「学校へ行きたくない」と親へ伝える子もいるでしょう。

私たち大人が、一人ひとりに目を配り異変を察知するだけでなく、子どもたちにとって「SOS」を発信しやすい環境を作っていくことが大切ですね。

山田孝之さんも、心にしみるメッセージを発信


[文・構成/grape編集部]

出典
@atsushilonboo自殺総合対策推進センター(JSSC)ウェブサイト

Share Tweet LINE コメント

page
top