grape [グレイプ]

ベビーカーを押しながら、子供の手を引く母親 サラリーマンの心無い言葉

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

お笑いコンビ『NON STYLE』の石田明さんがブログで、妻が子ども2人を連れて買い物していた時に、見知らぬ中年女性から心ないひと言を浴びせられたと明かしました。

ブログの読者からは、子育てに対する社会の不寛容さに疑問を呈するコメントが相次いでいます。

同じような経験をしているお母さんは多いようで、ブロガーのあゆさんが、悲しい出来事をブログ記事につづっています。

普通に道をまっすぐ歩いてたら通り行くサラリーマンのおじさんに、「邪魔やな!ボケ!」って言われました。

目が点。え?今ボケって言ったよな?って

ちなみに次女は抱っこ紐で息子はベビーカーに乗っていて長女は私と手を繋いで歩いてました。

道はベビーカーが5台横並びでも歩けるくらい広い道でした。

もちろん狭い広い関係なく三人連れてるので邪魔にならないように迷惑にならないようにと私なりに心がけているつもりです。

なんだかなぁ…な気持ちになりとっても悲しかったです。

あゆオフィシャルブログ ーより引用

その様子を見ていた子どもから「ママいじわるいわれたん?」と聞かれたあゆさん。

「うーん、ちょっとだけな!ママ悲しい気持ちになったわ!」と答えたところ、子どもは「嫌なことは忘れよ!」とってくれたそうです。

同じ経験をした母親からの声が続々

ブログのコメント欄には、あゆさんを気遣う意見が多数寄せられました。

・子連れママは文句をいえないと分かってての暴言はありえませんね。

・気にしないでくださいね!私もいわれたことがことあります。幅が広く、余裕で歩けるところでいわれたんです。

・同じ経験したことを思い出しました。涙が出てきます。

子どもと一緒にいる女性はきつくいい返せないだろうという考えや、育児の大変さが理解できない、あるいはかつて育児に参加してこなかった男性だったから、心無い言葉をぶつけたのかもしれません。

知らない人同士が行き交う公共の場所では、お互いの状況を思いやりながら行動できるのが理想的ですね。

それは簡単にできることではありません。ですが、誰かの優しい思いが、さざ波のように多くの人に広がっていくのを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
あゆオフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top