grape [グレイプ] trend

ウエイトレスの名札を褒めたダウン症の男性客 帰り際のサプライズに大喜び

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Regina Thomason

アメリカのテキサス州に住むレジーナさんはある日、兄のドウェインさんと一緒にファミリーレストランを訪れました。

ダウン症をもっているドウェインさんはとてもフレンドリーな性格で、知らない人にも気軽に挨拶をするのだそうです。

そんな彼はウエイトレスの女性がつけている名札を見つけると、「その名札いいですね」と話しかけたといいます。

ウエイトレスはミリーさんという名前でした。名札やバッジなどが大好きだというドウェインさんは、ミリーさんに「僕は名前はキャプテン・アメリカです!」と自己紹介をします。

その後2人が食事を終えて店を出ようとすると、ミリーさんが何かを持ってテーブルにやって来ます。

彼女が持っていたのは『キャプテン・アメリカ』と書かれた名札。そしてその名札をドウェインさんのシャツにつけてくれたのです。

この名札に、ドウェインさんは大喜び!

ミリーさんの優しさに感動したレジーナさんはその時の写真をFacebookに投稿し、彼女へ感謝の気持ちを伝えました。

海外メディア『FOX NEWS』によると、2人が店を出る時にミリーさんはドウェインさんに「バイバイ、キャプテン・アメリカ!」といって見送ったのだそう。

するとドウェインさんは笑顔に。そんな彼を見て、ミリーさんも幸せな気持ちになったといいます。

お店に来てくれた人たちに、笑顔になってもらいたいんです。お客さんが幸せな気持ちで帰ってくれたら、私も幸せなんです。

FOX NEWS ーより引用(和訳)

そう話すミリーさんの親切な行いは、ドウェインさんはもちろん、レジーナさんや彼女のFacebookの投稿を見た人たちをも温かい気持ちにしてくれたことでしょう。

レストランのマニュアルには書いていないであろう、『お客さんを笑顔にするエクストラのサービス』。こんな優しさがあふれる世の中になっていくといいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Regina ThomasonFOX NEWS

Share Tweet LINE コメント

page
top