grape [グレイプ]

韓国のファンからの手紙に、指原莉乃「泣きそうになった」 その内容に反響

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年11月24日、アイドルグループHKT48の指原莉乃さんがTwitterを更新。

思わず泣きそうになったという、韓国のファンから届いた1通の手紙について投稿しました。

指原莉乃が感動した、韓国のファンからの手紙

投稿された手紙につづられているのは、日本語の文章。

1文字ずつ丁寧に書いたことが伝わる手紙には、このようにつづられていました。

AKBグループといえば『雲の上の存在』というアイドルのイメージと異なり、「会いに行けるアイドル」という身近な印象のコンセプトが特徴。

拠点とする全国各地の劇場でライブを行うだけでなく、CDを購入することで握手会に参加し、『推しメン』(応援しているアイドル)と直接会話を交わすこともできます。

しかし、海外在中のファンからすると「会いに行く」のは簡単ではありません。スケジュール調整や金銭のやり繰りは、国内のファン以上に大変でしょう。

そういった悲しみを乗り越えながら、韓国のファンは手紙にこうつづりました。

「同じ時間を生きて幸せです」

国が違うことで言葉や生活習慣など、いろいろなことが異なります。しかし、地球上のどこにいても時の流れは同じです。

「大好きなアイドルと、同じ時を一緒に生きていられる喜び」…ファンのつづった愛あふれる言葉に、指原さんは心打たれました。

指原さんの投稿を通して手紙を読んだ多くの人からは、温かいコメントが寄せられています。

・日韓でいろいろと難しい問題はあるけど、純粋に応援する幸せは同じ。

・そう!国は違うけど、同じ空の下にいる!

・とてもきれいな日本語を書く人だなぁと感心した。たくさん勉強したんだろうね。

・言葉の壁も、国境の壁も感じないほど愛にあふれた手紙!

遠く離れていても、その愛は手紙を通して指原さんにしっかりと届いたはずです。

「好きなものに国の違いなんて関係ない」…そう気付かされます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@345__chan

Share Tweet LINE コメント

page
top