grape [グレイプ]

乱闘騒ぎに怒り心頭だった長友佑都選手 『翌日の出来事』で大切なことに気付く

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

日本時間2019年1月28日午後11時から、アラブ首長国連邦(UAE)で開催されたサッカー・アジアカップ準決勝。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングにおいて、日本より上位にいるイラン代表(2019年1月29日時点)を下し、決勝進出しました。

試合では、終了間際に乱闘騒ぎが発生。

イラン代表のサルダル・アズムン選手が、日本代表の大迫勇也選手の足を踏みつけたため、両チームが入り乱れるもみ合いに発展しました。

アズムン選手への怒りが収まらない日本サポーターが多くいる中、日本代表の長友佑都選手は試合後のある出来事をTwitterに投稿。人々をハッとさせています。

長友佑都選手が聞いたイランの代表選手の謝罪

乱闘騒ぎについては、長友選手も腹にすえかねていた様子。

しかし、試合の翌日に長友選手がエレベーターに乗った時、一緒にいたイランの代表選手が…。

「昨日はごめんね」

謝罪してきた選手は、乱闘騒ぎになってしまったことについて「悪いことをした」と思っていたのでしょう。

この謝罪で、長友選手のイラン代表選手への怒りは収まったとのこと。

長友選手は、この出来事から大切なことを思い出します。

ピッチ外では同じ人間同士で仲間だ。

長友選手の投稿に、さまざまなコメントが寄せられています。

・まさに、昨日の敵は今日の友。

・仲直りができてよかったです!

・謝ることができる人は貴重。

・大切なことに気付ける長友選手は、やっぱり日本代表の器です。

謝罪を受け入れ、怒りを収めるのも大切なこと。

日本代表選手たちは心身のコンディションを整え、決勝戦でまた活躍してほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@YutoNagatomo5

Share Tweet LINE コメント

page
top