grape [グレイプ]

宮中茶会の浅田真央がネットで話題に 服装と雰囲気に「品がすごい」「美しい…」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年2月25、26日、東京都千代田区にある皇居で宮中茶会が催されました。

皇居内にある豊明殿で計3回行われた宮中茶会には、天皇陛下の即位30年をお祝いするため多くの著名人が集まりました。

招待されたおよそ2100人の中には、安倍晋三首相や閣僚、国会議員だけでなく、日本の発展に貢献した功労者の姿も。

ネット上では、宮中茶会へ招かれた元・フィギュアスケート選手の浅田真央さんの姿が話題になっています。

宮中茶会の浅田真央が「品がすごい」「美しい」と話題に

同月26日、医学者やタレント、スポーツ選手など、平成を彩った多くの著名人が正礼装に身を包んで皇居を訪れました。

そんな中、ネット上では浅田真央さんの姿に「品がある」「とてもキレイ…!」といった声が上がっています。

浅田さんが着ているのは、ローブ・モンダント

肩や背中の露出がなく、立ち襟が特徴的な服です。日本では主に昼間の正礼装とされていて、皇族の女性もお召しになっています。

落ち着きのある淡い青紫色と、品を感じさせるシンプルなデザインは、浅田さんのかもし出す雰囲気に合っているように感じます。

また、ネットからは「真央ちゃんはどんな服を着ても似合うから、うらやましい!」という声も。

浅田さんはスケートリンクの上で、いろいろな衣装を着て素晴らしい演技を披露し、多くの観客の心をつかんできました。

可愛らしい服やスタイリッシュな服、落ち着きのある服、カジュアルな服…どれも、異なった魅力を感じますね!

浅田さんが多くの人に愛され続けているのは、高い技術だけでなく、持ち前のアーティスト性あってこそでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top