grape [グレイプ]

【メガネあるある】店内で試着をしたら… 切ない悲劇に、共感の嵐

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

「マスクをつけながら話すとレンズがくもる」「メガネをかけながら走ると視界が揺れる」など、メガネの利用者に起こりがちな『あるある』。

メガネを利用する人にしか伝わらないエピソードは、いくつもありますよね。

ネット上に投稿された、メガネに関するエピソードに、多くの人が共感しています。

選んだメガネを確認する時に起こる『あるある』

エピソードをTwitterに投稿したのは、なごみ(@nagomin12)さんです。

視力の悪いなごみさんが、メガネを購入するために店に入った際のこと。

選んだメガネをかけて、見た目を確認しようと鏡の前に立ったなごみさんは、心の中でこう叫びます。

「サンプルのメガネで度が入っていないから、そもそも自分の姿がまったく見えない…!」

店に並んでいるのは、フレームの色味や着け心地などを確認するために置いてある、度の入っていないメガネがほとんどです。

そのため、自分の姿がよく見えていない状態で、メガネをかけた自身の見た目を確認することになります。

※写真はイメージ

なごみさんの実体験に対し、ネット上では「めちゃくちゃ分かる」「鏡に密着するぐらい近付かなきゃ確認できないよね!」といった声が相次ぎました。

コメントの中には、「しかも実際に届いたメガネは度が強すぎて、店で試着した時と見た目の印象が変わってしまう…」といった体験談も。

メガネを利用する人にとっては『あるある』な、切ないエピソードでした。


[文・構成/grape編集部]

出典
@nagomin12

Share Tweet LINE コメント

page
top