grape [グレイプ]

新しい天皇陛下『初の国民へのお言葉』全文 譲位された明仁上皇へ、感謝のお気持ちも

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『首相官邸』YouTubeより

2019年4月30日、退位礼当日賢所大前の儀や退位礼正殿の儀を執り行い、譲位された天皇陛下(現・明仁上皇)。

同年5月1日からは、皇太子の徳仁さまが新しい天皇陛下に即位され、雅子さまが皇后陛下になりました。

即位された天皇陛下、国民への『初めてのお言葉』

同日11時、皇居の宮殿内『松の間』にて、即位後朝見の儀が執り行われました。

壇上に上がった天皇陛下は、このように述べられました。

日本国憲法および皇室典範特例法の定めるところにより、ここに皇位を継承しました。この身に負った重責を思うと、粛然たる思いがします。

顧みれば、上皇陛下にはご即位より30年以上の長きにわたり世界の平和と国民の幸せを願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながらその強い御心をご自身のお姿でお示しになりつつ、1つひとつのお勤めに真摯に取り組んでこられました。

上皇陛下がお示しになった象徴としてのお姿に、心からの敬意と感謝を申し上げます。

ここに皇位を継承するにあたり、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いをいたし、また歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研鑽(けんさん)に励むと共に、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり日本国および日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望いたします。

平成のおよそ30年間、日本を守ってくださった明仁上皇への感謝のお気持ち。そして、世界の平和と国民の幸せを祈るお気持ちを告げられた、天皇陛下。

そのお隣では、皇后陛下になられた雅子さまが穏やかな表情を浮かべていました。

『首相官邸』YouTubeより

新しい時代『令和』が、幸せあふれる素敵な時代になることを祈りたいですね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top