grape [グレイプ]

火災現場に駆けつけた男子高校生 その後の行動に驚きの声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

埼玉県越谷市で起きた住宅火災で、男子高校生が少女の命を救いました。

沖縄から遊びに来ていた男子高校生

火災が起きたのは、2019年5月の大型連休中。産経新聞が報じたところによると、少女の命を救ったのは、沖縄から遊びに来ていた男子高校生でした。

消防本部によると、救出したのは沖縄県立那覇高3年玉城弘次廊さん(17)。火災は4月30日午前に発生し、近くの友人宅に遊びに来ていた玉城さんは、外の騒ぎで現場に駆け付けた。住宅2階から助けを求める少女を発見すると雨どいをよじ登り、2階窓から助け出した。

産経新聞 ーより引用

男子高校生の活躍もあり、この火災によるケガ人はありませんでした。

今回の一件は複数のメディアで報じられ、「少年も無事でよかった」「無茶はしないで」という声が寄せられると共に、彼の行動を称えるコメントが目立ちます。

■ネット上の反応

・勇気ある沖縄の少年、ありがとう。

・「真似はしないで」とも思うけれど、カッコいい。

・沖縄県民として誇らしい。

・すごい行動力だ。

今回、少年も少女も無事だったものの、一歩間違えれば2人とも命を落としかねなかった状況です。

コメントにもあるように、同様の状況に居あわせた場合、プロである消防士の到着を待つことが最善といえるでしょう。

しかし、少年の『勇気』は素直に称賛すべきもの。彼の活躍によって少女の命が救われたのも事実です。

彼の行動に、消防本部は「玉城さんの勇気ある行動は、自らの身の危険を顧みず人命を救助した尊いもので、感謝いたします」とコメントを出していました。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経新聞

Share Tweet LINE コメント

page
top