grape [グレイプ]

「死ぬなら1人で死ねばいい」に賛否の声 カンニング竹山の持論にハッとする

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年5月28日に神奈川県川崎市で起きた、無差別殺傷事件。

51歳の男性がスクールバスを待っていた児童や保護者らを刃物で襲い、19人を殺傷した後、自ら首を切り自殺してしまいました。

罪もない人たちを巻き込んだ挙句、犯人は自殺。やり場のない怒りにネット上では「死ぬなら1人で死ねばいい」という声が上がっています。

一方で、「『1人で死ぬべき』という非難は控えて」と『NPOほっとプラス代表理事』の藤田孝典さんが呼びかけたことで、さまざまな意見が飛び交いました。

カンニング竹山「でも俺はこうだ!」

多くの著名人たちも巻き込んで賛否の声が上がる中、お笑いタレントのカンニング竹山さんが独特な持論を投稿。

「死ぬなら1人で死ねばいい」という意見に理解を示しつつも、竹山さんはまず「死ぬな」ということを強く訴えかけたのです。

死を考えるほど追い詰められている人に対して、竹山さんは「死にたくなったらお笑いを見てくれ」と呼びかけたのです。

死ぬこと自体を考えさせないようにする竹山さんの姿勢に、ネット上では賛否の声が上がりました。

【賛成派】

・竹山さんの意見に賛成です。お腹の底から笑うと心身が楽になる。

・死ぬ時に人を巻き込むなって話しなんだけど、でも死んではいけないという考えには共感。

・みなさん『死ぬこと』を前提に話してますもんね。生きるという選択肢にハッとさせられました。

【反対派】

・被害者の家族の立場なら、きれいごとをいっているように聞こえてしまう。

・いっていることは理解できるけど、それでも死を選ぶ人はいる。

・被害者の身内の人は、竹山さんの意見を聞いてもまったく受け入れられないだろうね。

まず生きることの大切さを訴えかけた竹山さんの意見に、改めて考えさせられた人がいる一方で、被害者の身内の気持ちを考えると「どうしても納得できない」という人で意見が分かれるようです。

さまざまな立場から出てくる多くの意見。

我々は今回の事件をどのように受け止めるべきなのか…改めて考える必要がありそうです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@takeyama0330

Share Tweet LINE コメント

page
top