grape [グレイプ]

「父からいじめ」と助けを求めた、被虐待児 教育委員会の対応に「ひどすぎる」の声

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

2019年1月24日、千葉県に住む小学4年生の女の子が自宅の浴槽で亡くなっているのが発見されました。

警察の調べによると、被害女児は父親から日常的に虐待を受けていたとのこと。父親は「しつけとしてやった」と供述しており、警察は父親を傷害容疑で逮捕しました。

親がわが子の命を奪う、悲しい虐待事件。虐待は家庭内で行われることがほとんどのため、周囲の人が気付きづらいといわれています。

今回の事件では、虐待で苦しんでいた被害女児が、学校で助けを求めていたことが明らかになりました。

虐待児童の「助けて」を、教育委員会が父親に報告

当時通っていた小学校で行われた『いじめに関するアンケート』に対し、被害女児はこのように書いたといいます。

「父からいじめを受けている」

日常的に受けている虐待を『いじめ』として、被害女児はつらい思いを訴えたのでしょう。

この件を受け、児童相談所は被害女児を一時的に保護。その数か月後、被害女児は別の小学校に転校することになります。

しかし事件後、市の教育委員会が、アンケート用紙を加害者である父親に見せていたことが発覚しました。

容疑者は一時保護解除後の30年1月12日、被害児童の母(31)と共に学校を訪れ「訴訟を起こす」などと抗議。学校側が回答内容を口頭で伝えると「実物を見せろ」と要求した。

学校側から相談を受けた市教委が同月15日、コピーを容疑者に手渡した。市教委は取材に「父の怒りを抑えるためだったが、配慮を著しく欠いていた。申し訳ない」とした。

産経ニュース ーより引用

被害女児が助けを求めていたにも関わらず、起こってしまった今回の事件。大人がしかるべき対応をとっていれば、尊い命が失われることを避けられたかもしれません。

教育委員会の行動に対し、ネット上では激しい非難の声が相次いでいます。

・告げ口されたことで、父親の虐待はエスカレートしたのでは?胸が苦しくなる。

・勇気を振り絞って書いたのに無視されるなんて…悲しすぎます。

・教育委員会は何のためにあるんだろう?子どもが危険な目に遭うことは予想できたはず。

・助けを求める子どもの手を、大人が振り払ったのか。残酷すぎます。

また今回の件に対し、多数の芸能人から非難の声が上がっています。

同月31日、デヴィ夫人は自身のブログで「毎回ことの重大さを認識していないのは、危機感を持つ職員が乏しいせいなのではないか。 これ以上、救える命が消えるのはたくさんです」と強い口調でつづりました。

保護者から虐待を受ける幼い子どもは、無力も同然。周囲にいる大人が少しでも早く気付き、保護することが重要です。

今回のような悲しい事件が二度と起きないよう、私たちはそのことをしっかりと意識し、行動に移さなければなりません。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュースデヴィ夫人オフィシャルブログ

Share Tweet LINE

page
top