grape [グレイプ]

人間に助けを求めるマンタ 『近付いてきた理由』に気付いた男性は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

オーストラリアの西海岸にある『ニンガルー・リーフ』。美しいサンゴしょうの海が広がり、ジンベイザメやマンタなど多くの生き物が生息していることから、世界的に人気の高いダイビングスポットとして知られています。

その海でMonty Hallsさんが撮影した、マンタを助ける瞬間を映した動画が話題になっています。

人間に助けを求めるマンタ

動画に映っているのは、シュノーケリングを楽しむグループと1匹のマンタ。

マンタは、グループの中にいた野生生物のガイドを行っているジェイクさんに近付くと、何度も彼のそばを通ります。

実は、マンタの目の下には釣り針が刺さっていて…。

マンタが助けを求めていることが分かったジェイクさんは、マンタの顔から釣り針を抜いてあげました。

すると、マンタは「バイバイ」と挨拶をするように止まった後、去っていったのでした。

動画には、「素晴らしい行いだ。マンタを助けてくれた人に感謝します」「人と動物とのつながりに感動しました」などのコメントが寄せられています。

釣り針を捨てた人間のせいでマンタが傷付き、とても悲しい気持ちにさせられます。ですが、ジェイクさんの優しさが、人と自然とのつながりを多くの人に思い出させてくれました。


[文・構成/grape編集部]

出典
Manta Ray Rescue

Share Tweet LINE コメント

page
top