grape [グレイプ]

「神々しくて使えそうにない」 天皇陛下ご即位を記念した『切手』が発行予定

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

皇太子であった徳仁さまが新しい天皇陛下にご即位され、雅子さまが皇后陛下となった2019年5月1日。元号も『令和』に変わった日本は、その日、新しい時代の幕開けを迎えました。

同年10月22日には、天皇陛下がご即位を公に宣明されると共に、そのご即位を内外の代表が祝う儀式として『即位礼殿の儀』が行われます。

それに先駆け、日本郵便株式会社では、2019年10月18日から、天皇陛下のご即位を記念した、特殊切手『天皇陛下御即位記念』を発行予定。

公開された切手のデザインは、天皇陛下のご即位を記念するのにふさわしい格式高いものでした。

デザインの基となっているのは、建設当時、日本文化の粋を結集して建設された明治宮殿の中でも、もっとも格式の高い『正殿』の内部装飾に使用されたもんよう。

鳳凰は吉兆の象徴とされ、即位といった天皇に関わる最高位の儀式で使用されています。

また、もう1つの『宝相華(ほうそうげ)文様』は、正殿の天井の装飾もんようから描き起こしたもの。

今回の『天皇陛下御即位記念』切手の発行日と同じ日に発売される『天皇陛下御即位記念切手帳』には、より詳細なもんようの説明が記載されています。

「素敵」「これは欲しい」と、発売前から早くも評判の今回の特殊切手。格式高い雰囲気にあふれていて、使うのをためらってしまいそうです。


[文・構成/grape編集部]

出典
日本郵便株式会社

Share Tweet LINE コメント

page
top