grape [グレイプ]

「でけぇ!」「これが流星?」 おうし座としし座の流星群がもうすぐ見頃

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

気温が下がって空気が澄んでくる11月。夜空を見上げると、今まで以上に星がきれいに見えるようになっているでしょう。

この時期に極大日(きょくだいび)という流星のピークを迎えるのは、『おうし座北流星群』と『しし座流星群』の2つです。

それぞれ、いつ見頃を迎えるのかをご紹介します。

おうし座北流星群

11月13日頃に極大日を迎える『おうし座北流星群』。

1時間あたりに数個しか観測できませんが、『火球』と呼ばれる明るい流星が多い流星群です。

また活動時期も長く、『おうし座北流星群』は10月20日から12月10日くらいまで観測することができます。

流星の出現する放射点が高くなる21時過ぎから観測すると、より見やすくなるでしょう。

天気がよく、月明かりに邪魔をされない日を選んで観測すると、大きな流星が見られるかもしれませんよ。

しし座流星群

『流星嵐』と呼ばれるほど、流れ星が多くなることがある、しし座流星群。

2001年には、日本でも1時間当たり1千個を超える流星が観測されました。

ただ、通常時は1時間に5個程度の出現となるようです。

2019年は11月18日に極大日を迎えますが、月明かりがあるため、あまり観測条件はよくありません。見頃は19日の未明です。

しっかりと防寒を!

11月ともなると、夜は冷え込みが厳しくなります。しっかりと防寒着を着込み、寒さ対策をしましょう。

また、シートなどを敷いて寝転んで観測する場合は、下に段ボールなどを敷いておくと寒さを防ぐことができます。

温かいお茶などを持って行って、ホッと一息つきながら秋の夜空を楽しみたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
国立天文台

Share Tweet LINE コメント

page
top