grape [グレイプ]

「薬物はやめろ」に心を掴まれた人が、もっと心にしみたフレーズとは

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

近年、世間を騒がせている違法薬物

学校などに貼ってあるポスター「ダメ!ゼッタイ!」を遥かに超えるインパクトで、違法薬物の撲滅を世に訴えかけている人がいます。

一度聞くと忘れられないフレーズ「ヤクブーツはやめろ!」。

まずは動画をご覧ください。

この曲を通じて、警鐘を鳴らしているのは、社会派ラッパーのSHOさん。

なんと、元アルペンスキー日本代表なのだとか。そして、現在はHIP HOPアーティストとして、一度聞いたら忘れられない曲の数々を歌っています。

海外でも活躍するアーティスト

さらに、2007年にはアメリカのラッパー、THE GAMEの目にとまり、『THE BLACK WALL STREET』のメンバーとして8つのステージに出演しました。

「薬物はやめろ」は、突如繁華街に現れて歌ったり、警察の職務質問を受けながら歌ったり、さらには選挙カーに乗り込んで歌ったりするシーンがYouTubeにアップされ、その度に話題となっています。

聞いていると「もう一回、もう一回」と繰り返してしまう…まさに中毒性を持つ「薬物はやめろ」ですが、もう1つ、なぜだか心を掴むフレーズがあります。

それが「親にー金あげろ!」

自分を含め、親孝行できていない現状に後ろめたさを感じる多くの人の心にグサッと刺さるのでしょう。

薬物はやめよう!
そして他にお金をかけよう。
できるなら親にお金をあげよう。

ストレートすぎるSHOの曲は、思った以上に心にしみわたります。

そして無意識に歌っている気恥ずかしさと共に、ハマっている自分に気付くのです…「ダメ!ゼッタイ!」と共に、薬物乱用を防止するキャッチコピーに「ヤクブーツはやめろ!」が採用される人が来るかもしれません。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

出典
SHO - 薬物はやめろ "ヤクブーツはやめろ”(OFFICIAL MUSIC VIDEO) Japanese HIP HOP

Share Tweet LINE コメント

page
top