grape [グレイプ]

『ファッションセンター』に刃物状の物を持った強盗が! 菓子店スタッフの通報で?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

不器用なため、食パンをカットするための機械『食パンスライサー』の扱いに苦戦していたえりたさん。

「サンドイッチ用の薄い10枚切りなんてもう命がけ」と感じていました。

盆と正月、お彼岸などは和菓子が売れる時期。

えりたさんは、朝から晩まで高速でラッピング作業をしていたようです。

当時18歳だったえりたさんにとって、体重増加は深刻な問題。そのため、居心地のよさを感じながらも菓子店のバイトを辞めたのでした。

漫画には、「強盗を見るなんてすごい体験をしましたね!」「体重が15㎏も増えるなんて、ある意味で過酷なバイトだ」などの感想が寄せられています。

バイトの経験は人生のどこかで活きるもの。『強盗の通報』という貴重な体験も、どこかで活かせる…かもしれませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
営業えりたのお仕事絵日記

Share Tweet LINE コメント

page
top