grape [グレイプ]

ウサギの絵をピンクに塗った小学1年生 担任の『ひと言』に、言葉を失う

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※ 写真はイメージ

子供の頃に起きた印象的な出来事は、大人になってからもふとした瞬間に思い出すものです。

ふじ(@Fuji_3886)さんは、小学1年生の時の出来事をTwitterに投稿。

一連のエピソードに、さまざまな反響が上がっています。

泣く我が子に、父親が『フォローのひと言』

小学1年生の頃に、授業でウサギの絵を描いた投稿者さん。ウサギをピンク色に塗ったところ、担任の先生からこんな指摘を受けます。

「実際のウサギはそんな色じゃないだろ」

さらに先生は、投稿者さんが描いた絵を黒板に貼りだして「みんなはどう思う?」と尋ねたのです。

先生の行為に傷付いた投稿者さんは、自宅に帰ってから涙を流します。それを見た投稿者さんの父親は、泣いている我が子に向かってこういいました。

「ウサギなんか、皮を剥いだら全部ピンク色よな」

ありがたい…けどなんか違う…!

父親は泣いている我が子を励まし、元気付けたかったのでしょう。しかし、父親のフォローは若干ズレていたため、じわじわと笑ってしまう結果に…。

一連の出来事に対し、ネット上では「オチに笑った」「自分も似たような経験がある」といった声が上がっています。

先生から頭ごなしに否定された不愉快な出来事は、父親のひと言によって笑える思い出に変わったのでした。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Fuji_3886

Share Tweet LINE コメント

page
top