grape [グレイプ]

女子中学生が手作りマスクを612枚寄付 材料費はなんと… 「感動した」「いい話」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2020年3月現在、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染拡大防止のため、全国の学校では休校措置を実施。

異例の長期休校に、日々をどう過ごすか悩む子供たちは多いでしょう。そんな中、山梨県に住む中学1年生の取り組みが、反響を呼びました。

女子中学生、手作りマスクを寄付

山梨県甲府市の住む中学1年生、滝本妃(ひめ)さんは同月17日、山梨県甲府市に住む中学1年生の滝本妃(ひめ)さんは、コロナウイルスの感染予防に役立ててもらおうと、同県に手作りマスク612枚を寄付。

産経ニュースによると、滝本さんは次のように話したといいます。

ドラッグストアに長蛇の列ができたり、ネットで高額で転売され、マスクを必要としている人に届いていないのを知り、母に頼んでお年玉貯金を崩して材料を買いました。

産経ニュース ーより引用

マスクは布製で、洗って繰り返し使えるとのこと。また1枚ずつ「みなさまのお役に立ったらうれしいです」といったメッセージが添えられていたそうです。

滝本さんから直接マスク受け取った長崎幸太郎知事は「感動した。いただいたマスクはお年寄りや子供たちの施設に配りたい」と述べました。

【ネットの声】

・こういう子に県民栄誉賞をあげてほしい。

・素晴らしい。現況を理解し自分に何ができるかを考え実行している。

・休校の時でも自分なりに考えて行動して社会貢献。頭が下がります。

・私がもらうわけではありませんが、ありがとうと伝えたいです。

マスクを612枚も作るなんて、さぞかし大変な作業だったことでしょう。

滝本さんの善意の行動は、多くの人の心に響きました。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top