grape [グレイプ]

「その手があったか!」磁石で挟んで貼る『マグネットフック』が便利すぎ

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

・ここにハンガーをかけられるフックがあれば便利なのに。

・部屋の収納スペースが少なくて片付かない。

・壁に絵をかけたいけど、穴を開けるのはちょっと…。

など、家の収納やインテリアで、不便さを感じた経験はないでしょうか。そんな時に便利なアイディアグッズをご紹介します!

磁石を"挟んで貼る"!マグネットフック

普通は磁石を貼れないガラスや樹脂、木材、布などでも"挟んで貼る"ことができるマグネットフック『マグサンド』

磁石と磁石を挟むことで、必要な場所にフックを作ることができる優れものなのです。『第28回日本文具大賞2019』機能部門にて優秀賞を受賞し、特許出願中の商品でもあります。

"最強の磁石"と呼ばれる『ネオジウム磁石』を使用しているので、間にモノを挟んでも耐えられる強度を実現。さらに、シリコンコーティングを施しているため、もろくてさびやすいという『ネオジウム磁石』の弱点をカバーしています。

屋外などのさびが気になる場所や、割れたり傷がついたりする心配のあるガラスや樹脂にもOKなので、使える場所がぐんと広がります。

中でも、吸盤やシールタイプのフックではすぐに外れがちだった浴室や洗面所、キッチンなどの水回りでも、強力なフックを作ることが出来るので便利です。

収納以外にも、ガラス窓にグリーンやフラワーボックスを飾るなど、アイディア次第で今までにない新しいインテリアを楽しむこともできます。

「こんなところにフックがあれば…」を解決!

私も早速、『マグサンド』を家で使ってみることにしました。

『マグサンド』は、『iフック』と『jフック』の2パターンがあります。かけたいものによって使い分けてもよさそうですね。

「寝室に脱いだ服の"一時置き"ができるような場所があればいいのに…」と思っていた私。

寝室のクローゼットに『マグサンド』を付けると、あっという間にフックができあがり!家に帰ってきた時に上着をハンガーでかけたり、明日着る服を前もってかけておいたりと、いろいろ用途がありそうです。

木材は厚さがあると磁力が弱くなるので、1㎝程度の薄い扉がおすすめです。

冷蔵庫の中に設置して、ちょっとした小物入れスペースを作るのにも便利。ほかにも、浴室の扉や、窓ガラス、カーテンなど、使える場所は探せばいくらでも見つかりそうです。

grape SHOPでは、『マグサンド』を『iフック』と『jフック』の2タイプ、カラーはそれぞれの白・黒・赤の3色で取り扱っています。価格は1,280円(税込)でお求めいただけます。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top