grape [グレイプ]

アパホテル・感染者受け入れ 元谷社長の決断に従業員が?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年4月3日に、『アパホテル』を展開しているアパグループが新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の軽症患者らを全面的に受け入れる方針を打ち出しました。

「さすが」「アパホテルの決断を全面的に支持したい」と称賛の声が寄せられる中、同月6日には、情報番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)に、アパホテルの元谷芙美子取締役社長が出演。

今回の方針に対する思いや従業員たちの反応を明かし、さらに応援の声が高まっています。

元谷芙美子社長「私の誇り」

アパホテルが受け入れ方針を発表した後、一部から寄せられていたのが風評被害を心配する声でした。

コロナウイルスの問題が収束し、通常営業に戻った際、たとえ消毒済みであっても感染を恐れ、客足が遠のくなどの影響が考えられます。

しかし、元谷社長は経営者として、受け入れ方針への思いを力強く語りました。

私も勢いにあまって、どうしても国難に際しお力にならなければということが先立ちまして。

その後、従業員にお話しすることになったんですけども、私の誇りといたしますのは、誰1人として判断に反対する者がなくて、この国難にあたり、社長と思いを一緒にして一致団結して乗り切りたいと。

今は大変ですけど、この先、収まった先には10年後きっと「アパホテルがいい役割をしてくださった」と、「業界の雄として立つべき立場で頑張ってくださった」と、いい評価をいただけると思って頑張ります。

直撃LIVE グッディ! ーより引用

危機的状況にある日本社会を前にすぐに支援の意向を打ち出す元谷社長や、それに対する従業員の前向きな反応は視聴者の心を強く打ち、放送終了後には称賛と応援の声が相次いで寄せられています。

・日本人全員が社長に感謝いたします。ありがとうございます。

・いつか絶対、泊まりに行きます!

・こんなに客室を抱えてるホテルがやってくれることが、どれだけ心強いか。これからホテルを選ぶ際に、アパホテル以外はない。

なお、元谷社長が番組に出演した時点で、政府からは受け入れの打診のみで、正式な要請はまだとのこと。

受け入れまで至らず、問題が収束することが一番望ましいことではあるものの、元谷社長の強い意志は多くの人に届いていることでしょう。

いつか自由に外出できる日が来たら、「アパホテルがいい役割をしてくださった」と誰もが思うはずです。


[文・構成/grape編集部]

出典
直撃LIVE グッディ!

Share Tweet LINE コメント

page
top