grape [グレイプ]

なかなか曲がらず、煽られるトラック その理由にハッとさせられる人が続出

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

多くの人が利用する道路ではトラブルが起こりがち。小さなトラブルが事故につながる可能性もあります。

トラックのドライバーとして働いているTwitterユーザーは、大型トラックについて知ってほしいことを投稿しました。

ドライバーが解説する『トラックがなかなか曲がらない理由』に反響

車を運転している時、信号が青になっているにもかかわらず、なかなか曲がらないトラックを目にしたことはありませんか。

それが原因で後続車にクラクションを鳴らされたり、あおられたりしてしまうトラックもあるといいます。

トラックドライバーは後続車に嫌がらせをしているわけでも、うわの空になっているわけでもありません。なかなか曲がらないのには理由があるのです。

トラックは乗用車よりも車体が長いため、曲がろうとすると車体の後方がぶつかってしまう危険があります。

ほかの車にぶつかってしまうと、事故を起こしてしまうでしょう。トラックは重量があるため、最悪の場合は人の命を奪ってしまうかもしれません。

トラックドライバーは自分の命や他人の命を守るため、曲がる際は慎重にタイミングを見計らっているのです。

乗用車では理解されづらい『ケツ振り』について解説した投稿は拡散され、多くの人から反響が上がりました。

・すごく分かりやすいし納得しました。確かにこれは危ないですね。

・トラックを運転しているから、こういう投稿が拡散されると助かります!

・これはトラックに限らずバスにもいえますね。曲がるのが遅いからってあおるのはやめてほしい。

トラックを運転した経験のある人からは、共感の嵐。意外にも、このことを知らない人は多いようです。

1件でも交通事故を減らすため、道路では常に譲り合い精神を持っていたいものですね。

※掲載許可は頂いておりますが、投稿者様の要望で匿名にしております。


[文・構成/grape編集部]

出典
Twitter

Share Tweet LINE コメント

page
top